犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ことは、歌舞伎座へ行く前に寄ったラーメン屋。
そのトイレのドアに「すずめ二人会」のポスターが貼ってあった。
「怪談牡丹燈籠‐栗橋宿‐」を三遊亭圓朝のお墓のある全生庵でやるらしい。
白石百物語ですっかり牡丹燈籠に火がついて、平日だけどもういいや!と、チケットの電話をしてみると、昼間の回は空きがあるとのこと。
茹だるほどの猛暑が始まったその日、汗をかきかき全生庵へ行ったのでした。

「すずめ二人会」とは、落語家の林家正雀と歌舞伎役者の中村芝雀というふたりの雀さんが開く会。
いったいどんな牡丹燈籠になるのだろう。

日暮里で待ち合わせる、最近読んだ「警官の血」の安城さんが落ちた跨線橋はこの辺か。
天王寺駐在所に五重塔・・・15時開演にはまだ間があったので、なぜか安城さんを巡る散歩。
谷中墓地の真ん中にある五重塔跡の前の小さな公園で、休憩する男たち、パンを頬張るすずめと闘いに敗れた鳩、そして鳩を狙ってじっと見ている鳥部猫。
安城さん、治安は守られていますよ。

全生庵をめざしてひいひい汗を拭きながらゆくが、どうしても迷う。
同じ道を二度通る。
工事現場道のコンクリを直しているのか中の水道管を調べているのか
作業員と黄色いランドセル。ん。ランドセル?
なぜかひとりだけ、三分の一くらいの大きさのボクが、当然のように参加していた。
普通に輪の中に加わって腕組をして地面を見下ろしている。
そして作業員のみなさんの誰一人として、危ないから近寄っちゃダメ!とか、言っている素振りもなく。
一員として認めているようなのだ。
30分後くらいに通ると、現場は移動しており彼も同じように移動していた。

やっと見つけた全生庵には、座布団とパイプ椅子が並べてあり、扇子でぱたぱた扇ぎながら開演を待つ人たち。

お囃子が鳴って、
林家彦丸の落語、住職と林家正雀、中村芝雀による三遊亭圓朝についてのお話、
落語林家正雀「お露新三郎」で休憩が入って、
後半は二人の掛け合い噺で「お札はがし」と「栗橋宿」。
掛け合い噺は、落語のようなお芝居のような、正雀さんが<伴蔵>をそしてもちろん女形である芝雀さんが<おみね>をやったわけですが、
素顔で演じているのにもうそこにいるのは江戸っ子のおかみさん。
身振り手振り立ち上がったり、上目遣いで亭主を責めたり。
ひとつひとつの所作が美しい。
正雀さんの落語は親しみやすく、派手さはないがしっかりと伝えてくるように感じた。

すべてが終わった最後に、カッポレで景気をつけて、最後は一本締め。
怪談噺の後始末、今回は塩まきではなく気運をあげる方向で。
肩肘の張らない、ちょっとそこまで落語みてくらあ的な粋な会。
子どもが子どもらしく、地域の人が人間らしく生活しているところでやるにぴったりの「牡丹燈籠」だった。

しかし人ってあまりの暑さに寝てしまうものなのか、面白いのに頭がゆれる~。ああ~。
修行不足でした。

外に出ると夜の回のために入り口から本堂まで蝋燭が準備されていて、確かにこの方が風情があるな。
でも、明るいうちには明るいよさがあるはずさと圓朝のお墓参りをすると
同じ敷地の中に<ぽん太>の墓が。
もしやペットか。なんていい人なんだ圓朝師匠!

と盛り上がって帰ってきたけど、どうやらお弟子さんのようですね。
7月3日付け朝日新聞によると、
談春の一席目「慶安太平記」は「善達の旅立ち」という部分、そして続きの「吉田の焼き打ち」を談志へバトンタッチするリレー落語となるはずだったそうだ。
この形式は、以前からおこなわれていたらしい。
そんなことも何も知らず。
「慶安太平記」っていうのは、こんな中途半端なところで終わるなんて不思議な話だなぁって思ってました。
「善達の旅立ち」の最後が、暗闇で男がふたり、さあさあこれから死闘を繰り広げるぞ!
というところで終わったので、続きが聞いてみたくて困ってしまう。

元は河竹黙阿弥作の歌舞伎の演目で、講談でも話されるそうだ。
そして登場人物の中に松平伊豆守の名前が。
ということは徳川家光の時代の話ということなのか。

彼には先日ゲキXシネ『SHIROH』でお目にかかったばかりなり。
こうやって知っていることがつながっていくとなんだかうれしい。
6月28日土曜日、歌舞伎座で開かれた「立川談志・談春親子会」へ行く。
熱心な落語ファンとは言えずおととしあたりからちょこちょこと観にいく程度。
それでこのチケット取れてしまったのだから、他に観るに値する人たちに見せてあげたほうがよかったかなぁと。
そんな風に思う会だった。
1日しかやらないということで、チケットもオークションなどで高騰していたらしい。
時間になってもしばらく出てこなかった二人が現れてすぐ、それについて談志の嘆き。
「今はもうなんでもこれ(キーボードを打つまね)でしょ?落語なんてそんな高い金払ってみるもんじゃないよ。」
それでも盲点だったのか幕見席は空きがありました。

歌舞伎座で落語をやる。
これはどうなんだろう。
やっと取れたチケットが3階の一番後ろ。
まず声が聞こえないのだ。
たぶん日頃から寄席に通っている人などには、雰囲気や流れで話を読み取ることができるのだろうけど落語素人のわたし。
前の方から聞こえてくる笑いについていかれないところがちらほら。
周りを見回すとやはりついていけてなさそうな人がちらほら。
顔がもっと見えていたらわかるんだろうけれど・・・残念。
建物は好きだけど落語を聴くにはやっぱり大きすぎる。

演目きっと直前まで決まらなかったのだろうか発表されず、談春の「芝浜」しか知っているものはなかった。
(あとで調べると談春が最初にやったのが「慶安太平記」、談志が「やかん」で休憩後「芝浜」)

談春は「赤めだか」も好調だし噺家として人気のある人みたいだけど、その「芝浜」の世界には入れなかった。
遠すぎたというのもあるのだけれど、どうしても女房に違和感があって。うーん。
しかし最後の女房を許すくだりはよかったです。
なのに・・・
旦那と女房の掛け合いが続く、みんな耳に気合を入れて聴く。
すると近くから「zzz・・・ぐー」
聴こえないんだから!ぐーぐーするなぁぁっ。
「慶安太平記」はおもしろかった。最後「うえぇーっ!?」と声出してしまうほど。
でもあのオチはありなんですか?

もっと談志師匠の体調が悪くなる前にこの会ができていたらよかったのに。
本人「お客さん、最後の高座をみたんですって言うことになるかも」などとおっしゃり、花道はきっとすごく長かっただろうなぁ。
よろけながらそれでも弟子のためにこの舞台にあがったのだろうな。
声が出ないだけでなく目眩するととても具合が悪かった様子で、どうにも話がでてこないんだよと
それでも、駄洒落30連発!(推定。これが「やかん」だったわけです)
それが面白いんだ!
体調悪くてこれなんだから、ホンモノ生で聞いたらすごかったろうなぁ。

最後の挨拶に談志の姿はなく。談春が「みなさまのご期待に添える形でなかったことは重々承知しております」とお詫びしていました。


赤めだか赤めだか
(2008/04/11)
立川 談春

商品詳細を見る

北千住・シアター1010にて白石加代子の『百物語第二十四夜』をみる。

今日の演目は三遊亭円朝の『怪談牡丹燈籠』でちょうど80話目。
落語では15日もかかる演目を2時間でまとめるので、ダイジェストですよ。
と、はじまったとおり展開がするりするりと進んでいく。
タイトルは知っていたものの内容はこんなこととは思わなかった。
ああ不運な人なり。ハギワラさま!
昔の人は、本当の怖さをうまく表現したものだなと、その先も気になってしまった。

さて先月初めて歌舞伎座で 『青砥稿花紅彩画(あおとぞうしはなのにしきえ)白浪五人男』を観た時

実は寝てしまうかも、と心配していたのに目はぱっちり。
子ども向けテレビ番組「日本語であそぼ」で覚えた
「しらざーいって、きかせやしょー」の弁天小僧のセリフを生で聞けるときたら、
寝てる場合じゃないわけだけど。

実際に目にしたらスタイリッシュで、5人の悪党が揃ってポーズつけるところなんて
なぜモデル立ち?
まさに写真撮らずしてどうする!(もちろんカメラは禁止なのです)
と大興奮。

歌舞伎の世界に魅せられるとともに、話がわからないところは自分の想像力で補ってお話を完成させるという楽しみがあったとは意外な発見だった。
高いカタログを買えば説明が書いてあるのだけど、なんとなくこんな感じ?で話をつなげていっても
うまくいくもので。
きっとこうなんだよ!と、勝手解釈な弁天小僧を作り上げていたのでした。

白石加代子の舞台はもちろん伝統芸能ではない。
しかし、日本の伝統的な怪談語りのスタイルをもつ百物語はそれらと同じような引力を感じる。
それは演じる白石加代子の恐ろしさがそうさせるのかもしれないけれど。

舞台にいるのは彼女ひとり。
それなのにまるで登場人物ひとりひとりが存在するかのように話し出す。
幽霊に頼まれて欲に駆られたトモゾウがお札を剥がすくだりも、
ひたひたとおそろしい。
きっとこうなっちゃうんでしょ?こんな展開なんでしょ?と思っちゃいるけど、どきどきしちゃうのだ。

会場には目の不自由な人も来ていた。
そうか。
芝居と違って語りは目が見えなくても楽しむことができる。
目の前で役になりきって身振り手振りをし、あちらこちらに動き回り各々の登場人物を演じわける
白石加代子の姿が見えなくても、
耳と臨場感だけでその人の想像の世界を補うことができるだろう。
そして時には目に映るものよりも、濃密な世界を映し出すのだろう。

「今日はとっても悪いものをいくつも出してしまいましたから、でもこれで心配はありません」
と客席に向けて塩を大盤振る舞いしてくれる茶目っ気がこれまた素敵な大女優でありました。


うむ満足満足!で終わりたかったのに・・・

マルイの上にあるこの劇場。階下は閉まっているからか、その場からはエレベータに乗れないという。
目の前のエレベーターには入れないようにロープがわたしてある。
階段でレストラン階まで降りろというのは、なんともひどいんじゃないだろうか。
夜の公演は毎回こうなのかな。
ならばこんなところに劇場を作らなければよかったのに。
と、恨み節をひとつ。
  
7月の終わりの日曜日、オーガスタキャンプ2007へ行ってきた。
オーガスタキャンプとは、山崎まさよし、スガシカオなどの事務所の歌い手さん勢ぞろいのイベントです。
確か4年前の千葉マリンスタジアムでみた時は、夕暮れの空に「夜空のムコウ」が流れていて雰囲気があったなぁ。
となると、今回の西武球場改めグッドウィルドーム。ドームってのはどうなのよ。空は見えるか?
(そのドームに助けれらることになるとは露知らず)

4年も経つと状況というのはずい分変わるものなのだな、と。
スキマスイッチがものすごいことになっていてびっくりです。こんなに人気があったとは!
なんていうか、やはり、おじさんの力では対抗できない若い生命力って感じ? 勢いにのっているとは、こうゆうことなのだね。
野球選手の登場のようにひとりずつ現れた冒頭。スキマスイッチがあらわれるとひときわ大きな拍手。
えーっと、まさよしさんより大きいのでは・・・
そして、スキマスイッチの出番になると、わわわ~っと女の子パワーが広がって(あ、アリーナ席だったのだけど)真ん中から外にぽわーってうわー、なんかかわいいのねみんなー。

スキマの大橋卓弥と新人の秦くんなる人物とがふたりでスガシカオの曲をしっとり弾き語った時も、女子うっとり・・・。

杏子ねーさんは、全力疾走ステージ駆け回り、なんちゃってフラメンコ、セクシーダンスに時代劇ミュージカルでワッショイときてぇ、力わざでお客をのせるパワーはさすが!
気がつけばドーム中の手が上がっていて手を振ってワッショイワッショイしていて、あわわ私もやらねばわっしょい。
大きなステージでは、走り回ってくれるとうれしい。
うーむ、まさよしおじさんも走らねば!

まさよしさんは、ちょいと自虐的にスキマスイッチ代表曲「全力少年」を「全力中年」として歌ってましたよ。(笑)

後半になるにしたがって、どんどん会場の空気もあがってきて、みんなが手を叩くと・・・ん?音がずれる?ドームだと反響するんですね。
みんなの盛り上がりの渦に巻き込まれ、こっちも手をあげ手をさげ手を叩き。

複数の人たちがでるイベントだと、もちろんお目当てがいて知らない人もいる。その辺りが顕著にあらわれていて、楽しさの中に歌い手側の厳しさもみえました。COILは、「みんなのトイレタイムとして・・・」などと言っていましたが。確かに、つらいな。でも、それでも前の方に見えた女の子4人組は楽しそうに踊っていたよ。
たとえ少なくても、そうやって自分の音にのってくれる人がいたらうれしいよね。というのは、気休めですか。
いまやスターになったスキマくんたちは、どんな気持ちなんだろう。
ものすごい数の人たちが自分たちをみて、受け入れてくれて叫んでくれて踊ってる。もし私が彼らだったらどんなだろう。鳥肌だな。ステージ端から端まで走っちゃうな。って思っていたら、大橋くん走ってました。

そして今回はスガシカオ10周年記念で、豪雨雷鳴とともにシカオさん登場。「前日バカボンのパパと同じ歳になりました」といわれて驚きです。期日前投票もすませる大人なのです。
どんどん雨は激しくなり、さすがに屋根つきでよかったと認めざるをえず。雨男伝説更新なのでした。

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。