犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すっかり年の瀬というのに、気分が出ない。
クリスマスだって、返上で課題に追われておりました。
(というかかえって予定があってよかったということか?)
なんとか年内の授業が終わって、わーいって忘年会したら
酒とカレー鍋にやられて、トイレにこもる始末・・・

それでも明日になれば新しい年がはじまるのだ。

今年は、日本中で厳しい1年を過ごされている人たちがたくさんいました。
来年は少しでもいい年になることを祈って。

福だるま
なんちゃってNPOではブルテリアも飼っていた。
わたしは見ていないのだけど、
ちゃんと飼っているとはいえない状況だったらしい。
暑い夏に外につないだまま、散歩もしていないのか爪は伸び放題。

だからアメちゃんは外でストレス解消しているのだろうか。
そもそも、アメリカンショートヘアが通りを闊歩する姿に最初驚いたものだけど。

ある休日
母が庭の片づけをしていると
つぎからつぎからご近所の奥様たちがとおりかかる。

あらあら、作業続けてください!
と言われつつみなさんとお話していたら、作業が~。

それによると・・・

ブルテリアのその後
結局ブルテリアは死んでしまった。
このコについて飼主たちに声かけをした人もいたらしい。

飼えないようなら・・・と獣医のたまごさんが相談をもちかけたり、
ご近所奥様が熱湯になったお椀の中身をこっそりお水とかえてあげたり。
ネグレクト状態をどこかに相談した方がいいか・・・
まわりの住民が、ずいぶん気にしていたってこと!
もともと2匹をつれてきた人がなんちゃってNPOから去ってしまい
犬と猫だけが残されたってこと。
やさぐれるだけの理由があったってことです。
(だからって、とろたはいい迷惑ってこと・・・)

アメちゃん戦歴
アメちゃんは様々な場所で闘いを繰り返し、
とろたに似た猫(ソンポさんと思われる)は、片眼が飛び出していた!?
らしい。
うぉー。
ソンポさん大丈夫か?
このコ(とろたのこと)は、負けてるねー。
ですって・・・

ウリちゃんとコトロ1・コトロ2
アメちゃんと同時期にあらわれたウリちゃん(ウリンボウ模様の猫)。
とろたそっくりの子猫2匹とともにたまに、庭にあらわれる。
こっそりご飯を食べてみたり
(ある日、コトッと音がするので玄関をみると
 ほそーく扉をあけて侵入に成功したウリちゃんとコトロ1がとろた飯を食べていた・・・)
コトロ1とコトロ2を産んだ猫がネグレクトしてしまったので
ウリちゃんが代わりに2匹を育てたのだそうな。
非常に愛嬌のあるウリちゃん。
頭がよくて気風もいい素敵な野良猫魂もってる猫なんですな。

なんて情報を、仕入れた母から早速報告がありました。

動物好きも嫌いも、家庭環境も価値観もいろいろ
近所づきあいで文句もあるだろうけど、共有できる楽しみもある。
ゆるーいつながりがあるってやっぱりいいな。
みなさんいいヒトたちだなぁって。

単純に、動物ネタだったからでしょうか。
イチョウの葉っぱも黄色く色づいて、かわいくなったと思ったらはらはらと。
今年は紅葉がうまくいかないみたいで、ちりちりに枯れてしまっているという話も聞いた。
やはりセシウムが原因かしらなんて、東電は人々の日常に多大な影響を与えているなぁと実感。
それでも12月になって、やっと紅葉らしい雰囲気になってきた気がする。

わが家も気がつけばフウチソウが、カサカサの枯れススキ風。
さすがに悲しくなってきたので、カッティングして来年に備えよう。

ダメかなと思っていたトウカエデが
なんとなーく紅葉。
これは、花屋で売れ残りなんちゃって盆栽大売出しになっていたのを300円くらいで買ったのだったか。

トウカエデ


どうにも上手に育てられなくて、申し訳ないのだけれど
なんとかがんばってくれているいいコなのだ。

多肉のニジノタマコもぷっくりと。

玉子


朱がかかってきました。

星の王子さんは、控えめに葉の淵が赤くなった。

王子


そしてそして、驚きの
水に差したアイビー・・・

アイビー


室内なのに紅葉って、どんだけ寒いんだろう。
うちって。

バースディねこ


誕生日がきてあっという間に過ぎていってもう20日も経ってしまった。
やっぱり時が過ぎるのは早い。
4月に学校に入って、ばたばたしていたらもう年明けには修論のプレゼンを行わなくてはいけないのです。
面接の時に「大学院って論文を書くんだよ」って念を押された言葉に
「もちろんわかってます」なんて、つらーって答えたけれど、
やっぱりよくわかってなかったってことがわかったのでした。
でももう後戻りはできないしねぇ。
どうしましょう・・・

誕生日パーティと称して、いつもの友人とたまには素敵な場所でワインでも飲もうぜって待ち合わせたのが
丸の内ブリックスクエア。
言われてもさっぱり想像がつかないエリアだったが、いってみればああ通ったことあるよ。
美術館があるところです。素敵なクロワッサンを目当てに長蛇の列ができるといわれるお店があるところです。
都会ですね。
手持ち無沙汰にぷらぷらして、カカオサンパカってお店でこゆいチョコレートドリンクを購入。
スペイン王室ご用達のお味は、ほろ苦くちょびっとでお腹いっぱいの満足感。
相手がまだまだ来ないので、PASS THE BATONというお店に入ったら、
猫が魚を目の前にじっと眺めている置物を発見。
魚の部分は小物を置けるようになっているのだ。

かわいい!が、高い!すごく高い!

ということで、じっくり愛でてさようなら。
しかしこのお店ちょっと不思議なんである。
手仕事作家モノが多いのかと思いきや、「アメリカで研究用に大量に買ったものです」といったメッセージとともにピアスがたくさん置いてあったりする。
おしゃれなのに懐かしい感がするんです。
そこでみたピンクのハートのピアスを友人の誕生日プレゼントにして
(レストランで、かわいーって騒いでさっそくつけた後、
 「これって彼氏からプレゼント貰った時の正しいリアクションだよね?ぷぷっ」って笑いあうオバサンごっこを繰り広げた)

自分には、ピアスではなくどんぐり君を購入した。
その名もドングリポット。

ベランダどんぐり


表面のドングリは飾りで、中になにやら処理をしたドングリが埋めてあるそうです。
うまくいけば4月頃発芽するのだとか。
水遣りはバケツに鉢全体を沈めるようにといわれたので、お風呂場にてケロリンに沈めてみた。

風呂どんぐり


ああ、無事に4月を迎えられますよーに!

追伸
さっそく飾りのドングリをポイってしたら、どなたかのブログの写真では上のドングリから芽がでていた。
ええー、上からもありなの?
急いで装着しなおさなくっちゃ!

ねこねこ


先日、友人に多肉をあげてみたところなかなか好評のようでうれしい。
というのもわたしの部屋は、ふところ寒くても多肉だけはよく増える。
育つというより増殖ですね。
まあ、それはそれで楽しいのですが、せまい部屋では限度があるので里子に出そうと。

欲しいなぁって人がいたら、ギブアンドテイクですよ。

しかし、ひょろりとしてきて葉と葉(葉っていうのかな)の間隔が開いてきたらしい。
それは「徒長」っていって、つまりは「もやしっ子」ってことですね。
太陽が足りないと光を求めてどんどこのびていっちゃうのです。

わたしの経験では冬でも日当たりのよい外に置いた方が元気に育つ。
そして紅葉もする。

元は厚川さんからのニッケコルトンプラザでの報酬なので、2006年から?!
もう5年のつきあいだ。はやいなー。

多肉



ここが、出発点。
ということで鉢は厚川センセイ作です。
もちろんそのまんまではなく、根をほぐしたり剪定してます。
たまーにですが。

「虹の玉」
当初、「オーロラ」も一緒に入っていた気がしたのだけれど、気がついたら一種類。
ブレンドされたのか、淘汰されたのか謎ですが、たぶんこの方は虹の玉さんです。
太陽を浴びれば浴びただけぷりぷりになります。

虹の玉


玉がこぼれりゃ、すぐ子が生える。

虹の玉子


真ん中が「星の王子」さん
この方、ずーっとかわり映えしなかったのに去年あたりから突如花を咲かすようになりました。
天辺がいきなりにゅうって伸びていく様は、不思議。

多肉上から


「福兎耳」
切り戻して植え替えたら、しおれていた兎耳がぷっくりして下の方に新芽も出てきた!
このヒトが一番根がつきづらいので、つい大事にしてしまいます。

福兎耳


もう少し寒くなると、ピンクの花を咲かせるのでした。

福兎耳花

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。