犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の犬
高岡 一弥アートディレクション / 久留 幸子写真


ピエブックスといえば、デザイン書。
写真集や伝統文化についての本などもありますが、するっと手に取りやすいというか、
なんていうのでしょう。オシャレなんですよね。
普通にはあまりない本、例えば不動産広告のデザイン集だったり世界各国の会社案内を集めた本だったり、おもしろくステキなので図書館でも入れようかな、と思って値段を見ると!!!
・・・で、断念ということもある出版社さんです。

さて、そんな出版社から出た「日本の犬」。かわいいですよ。
天然記念物に指定されている、秋田犬、柴犬、甲斐犬や川上犬、北海道犬、琉球犬など。日本の犬勢ぞろいの写真集です。そこに、丸山応挙など日本画家の描いた絵や<戌>についての説明がついています。

チワワ、プードル、ダックスフント、コーギー、レトリバー・・・
今や、あっち見てもこっち見ても、外国犬ばっかりです。
いや、それはそれでかわいいし好きなのです。
でも、あんなにも見かけていたハスキーがいなくなり、クーちゃんかわいい!とチワワが流行り、今度は由緒正しい小型犬同士のmixですか。
なんとも移り気なのは、日本人の性質なのでしょうか。
ペットのコジマのガラスの向こうにいるワンコを見ると悲しくなってくるですよ。
欧米ではそうゆう売り方をしてはいけないことになってるんですよね。

この本の中の犬は、オシャレじゃないし抱っこして歩けないし力も強そう。
でも、そのモコモコした毛密度の濃そうなところとか、ムフっと口角があがってる口元とか、立派な牙とか、一緒に転げまわっても丈夫そうなところとか。日本の犬だってすごくいい。
掛け合わせをあまりしていない分、伝統の形を保っているそうです。
不器用で、素朴で、見た目もみんなどこか似ていて、でも一種類ずつじっくりみるといろいろ違う。

写真は、犬にピントがあってなかったり、いかにも日本の子っていう子どもと犬を一緒にして撮るあたり、なんかなーって思いますがそれもデザイン的な感じを醸しだしていていいのだと思います。
粗相をしている子犬、それすらもかわいいのだ。

日本犬回帰!

しかし、一番好きな犬は雑種だったりするんですよね。

ピエブックスのサイトから本の中を一部見ることができます。
http://www.piebooks.com/search/detail.php?ID=846

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/91-7a658c00

川上犬川上犬(かわかみけん、かわかみいぬ)は、長野県 南佐久郡 川上村 (長野県)|川上村に伝わり、保護育成されている小型日本犬の一種である。信州川上犬とも、川上狼犬ともいう。昭和初期には主に梓山地区で飼われていたため、梓山犬と呼ばれたこともある。秩父犬と同じ

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。