犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『おおかみこどもの雨と雪』をみて、
そうか!あれが私の理想だ!
と、ほざいておりますtorotaです。

前2作のイメージが強かったからか。
私の周りではイマイチはいりこめなかったという意見が多かったけれど
個人的にはファンタジー部分織り込み済みで観たのですんなり楽しめた。
どちらかというと女子は、うーんいいんだけどねぇと言葉を濁し
男子は、よかった!とうるうるで語る印象だ。

監督自身が「自分の周りに増えてきた子育て中の女性の姿が素敵に感じた」ことから
映画を作ったというだけに、主人公の花ちゃんは監督の憧れの女性なのだろう。
だからこそ、男性はすんなりはいれるのかなぁ。

つまるところあれは、男子目線の理想のお嫁さん像なのだ。

いつも笑顔を絶やさず掃除洗濯バイトに出産。
すべてを完璧にこなす花ちゃんは、もちろん健気さも兼ね備えている。
人の気持ちを察することもできるし、
秘密を受け入れてくれるおおらかさもある。
地味で質素でその実かわいい。
そこがオレだけが知ってるぞ心をくすぐるのである。(たぶん)
こんなにいいコなのに、あまりにも横のつながりがみえなくて
なんかあるのか?と不安になるがそこも男子はスルーなのだ。(きっと)

あまりにも"できすぎちゃん"なところに女子は距離を感じるだろう。

お母さんだってたまには、はめはずしたり愚痴こぼしたりだらだらしたり。
したいでしょー。
なのにそんなそぶりありんこほどもみえないのだ。
恐るべし花ちゃん。
恐るべし男子の憧れ。

しかし、監督はもちろん女子にだって憧れをつれてきてくれる。
男子に花ちゃんあれば女子におおかみさん。

独りたたずむガテン系。
なのに大学に忍び込んで授業をうける。
いつも同じシャツ。
でもそのヨレ具合がたまらなくよい。
寡黙でクールにみえて、鳥銜えてる。
例えていえば、
不良と思っていたのに実は誠実な男子キャラ。みたいな。
イメージギャップに女子って弱いと思う。
そこら辺、監督うまいなって思う。
花ちゃんなんて、現実にありえん。
と不満顔の女子もおおかみさんはありかも、なんて思っているのでは。

じつは自分がそうなのだった。
といっても、最大のツボは
「人間でありつつケモノでもある」という部分なのだが。・・・。

おおかみさんが早々と退場してしまうので、
その後続く花ちゃんの子育て。
迷い笑い決断す。
娘の雪と息子の雨のそれぞれの道を認めつつ
お母さんも自分の道を歩む。

観た後はもちろん、おおかみさんの謎と花ちゃんの謎に
突っ込み語り合うことしばし。
貯金額や本名や母子手帳のもらい方から
果ては田舎でレインコートは上下必須だろ!
などなど。
言い出したらきりなく楽しめるのだけど、
そんなことは些細なこと。
この映画には、
こんな子育てだったらやってみたいなって思わせるなにかがあるってことだ。
もちろん夢物語織り込み済みの子育てではあるが。

世の中生きてると複雑な感情でウズウズですが、この母子は超シンプル。
だからこそ子育て中の女性の大変さが伝わる部分もあるのではないか。
終盤にそれぞれに複雑な感情が芽生えてくるきたら
加速してそしてあっけないほどに離れていく。

ああ。
人間でありつつ狼でもあるという、おおかみおとこさん。
私の周りにもあらわれないでしょうか。

「でも、野生とは共存できないって知ったばかりでしょう」
と、職場の友にそっと諭されるのでありました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/655-f558fe17

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。