犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不動産屋と電話で話した後、たまーに浴室を覗いてみるが静かにしている。
しかし・・・
だからといってなかったことになっているはずもない。
手前に散乱する木のくずと異臭は、変化なし。
ですよねぇ。

と、ふいに目線をかえると・・・!!!

風呂!風呂の中に!

四角いお風呂の左奥のコーナーにうずくまるように小さなケモノを発見したのでした。

慌ててドアをしめる。
心臓バクバクである。
しばし考える。
ドアをあける。
電気を点けたり消したり。
「ネーさん、生きてますかー」と声をかけてみたり。

しかし、ぴくりとも動かない。

時間は19時を過ぎ、台風が接近、外は大雨。
不動産屋は役にたたず。
やっぱり、これって自力でどうにかしなくちゃいけないものなのでしょうね。

しかしどうにも決心がつかず放置。
しばらくして
また電気を点けたり消したり。
コンコンノックをして、扉をあける。

定位置にうずくまっていらっしゃる。

うーん。
さっきから全然動かない
ということは
死んでいるのでは?

そして逡巡する。

明日になってもこのままなのだろう。
誰も代わりにやってはくれないのだろう。
そして鼠は死んでいるのだろう。
ならば・・・ならば・・・

相手は死んでいるのだ。
ビニールに入れてポイしてやればいいのだ。
うまいことに明日はゴミの日。

決心して、口に手ぬぐい、サンダル履いてタオルとビニール。
ビニール手袋をはめていざ風呂へ!!
と、足を踏み入れたら

うごいたっ。

二階堂の気持ちが、こんなにもわかる日がくるなんて。
あんなに小さなケモノなのに、ケモノってだけですごく怖く感じるものなのだということに。
ペットではない、ケモノなだけにその反応がまったく読めない。
飛びかかってくるかもとか噛まれるかもとか。
自分はこんなに大きなイキモノなのに。

それにしても死んでいると思っていたものが生きていたショックは大きかった!
はわわーと二階堂化した私は携帯で実家に電話。
「おかーちゃん!ガンバがお風呂場にいるよー!!」

とろたの要請である。
「とろた連れてきてー」と頼むが
「ネズミは取れるけど、よそのおうちにいけない」とそっけないお返事。
ええまあ、わかってますけどね。
ちょっと言ってみたかっただけですから。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/653-36f75827

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。