犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
母が竹細工教室でご一緒している方から、籐で編んだ、とろたベッドをいただいたそうな。
少々の気遣いでこんな素敵なお礼をいただく。
しかも、飼猫宛に・・・

棚から牡丹餅だねぇ。猫よ。

なんて、言っていたのだが、恐れていたとおり入らない。

「オレ、こんなちんまいところに入りたくない」

なんて!なんて、ホンモノの良さがわからない猫なのだろうか。

「どうもありがとう!猫も喜んでいます。」って画像付のメールを送りたい
飼主の気持ちがまったくわかっていないのである。

なんとかならんものかと、無理やり入れてみたり。

近くに置いてみたり。

こりゃあ無理だなと、放置していたらこっそり入ってみたり。

NEC_0590.jpg


ばれたか、と急いで立ち上がってみたり。

NEC_0582.jpg



猫ちぐらは、わらでできているそうだが
これは籐も涼しげでよいかんじ。
ちぐらは夏は暑そうだから。

ああ、ちぐら。
あれもかわいいんだよねぇ。
高いんだけどねぇ。
で、入らないんだろうけどねぇ。

コメント

キラリーン☆

こっそり、マタタビを仕込んでおくとか、どうでしょ?
でも、それでもわからなかったら、ねぇー・・・^^;。

Re: キラリーン☆

>NGさん
こんな開店休業中のブログ、みていただいていたんですね!
ありがとうございます。
マタタビ。
どうでしょうね。
実のところカレにとってマタタビってわれを忘れるほどの存在ではないのですよ・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/650-99d00cd3

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。