犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たまたまつけたテレビで流れた
気仙沼市沖で漂流していた犬を保護のニュースにひとり悶えた深夜でありました。
犬よ!
この後助けたことを後悔しないように、幸せになって欲しいよ。

たくさんのニュースサイトに取り上げられているけれど、一番かわいいのは47NEWSかな。
http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011040201000793.html

そして、その犬に群がるマスコミをよく捉えているのが時事通信の写真
http://www.jiji.com/jc/p?id=20110402211535-0677092

雑種の犬にむかってこれでもか!!ってフラッシュ。
ちょっとひきました。
その証拠写真だ。犬だってこんな経験初めてだったろうよ・・・

ペットブームで犬だって家族という人が多い中、被災地ではどんな状況になっているんだろう。
被災者の人たちの食料もままならない中で、ペットフードを支援物資に入れたりするものなんだろうか?
そんなことないだろうな。
動物を連れて逃げた人たちはどうやって過ごしているんだろう。
ここのところようやくマスコミでそのあたりの情報が出てきてる気がする。
時事通信(3/31)の記事では、原発避難で飼い犬を探しにいけない現状があり
AFPBBニュース(3/28)の記事で猫島の猫が無事だったことを知り。
でも実際はもっと前から愛護団体等で発信していたようで、
ワタシアンテナが立ってなかっただけ。

日本愛玩動物協会のサイトには現場の状況が載っています。
緊急災害時動物救援本部を立ち上げて、ボランティアの募集や募金を呼びかけていました。
http://www.jpc.or.jp/saigai/

アニマルレフュージ関西というNPOでも支援しているらしい。
東北地方太平洋沖地震で家を失った被災動物たちに支援の手をという記事で募金等の呼びかけ。
http://drupal.animalrefugekansai.org/?q=ja/

ペットといえば犬猫が思い当たるが、それ以外だっているのだ。
産経新聞(3/27)の記事によると”おさかなポスト”が大変なのだそうだ。
大変な状況は代表の人のブログにも載っている。
おさかなポストのブログ→http://ameblo.jp/aki987654/

きっともっと活動団体はあるんだろう。
大切な家族といいながら、人間とは同じように扱えない現実に悩む人もいれば。
いざとなるとあっさりと見捨てる人間もいる。
今後動物を飼う時には気をつけたい教訓ですな。

って、わが家でもとろたを連れて逃げたとしてその後どうしよう。
いやそれより、とろたを探して自分が大変なことになったりしそう。
絶対集団生活なんてできないネコだし、車生活も耐えられないかも。
というよりビビリのパニックに襲われたらどうしていいやら。
なんて考えてみるものの、結局はその時その場にならないと自分がどんな行動するかはわからないよなぁ。

お前は幸せなんだぞ。と、いってみるもののわかってるのかわかってないよな。
いろんなことがあるけれどまずは休養zzzzz・・・だそうな。

NEC_0455.jpg

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/637-43187a7d

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。