犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年末最後を岩波ホールで「クレアモントホテル」
老婦人が老後を自分らしく自立して生きるために、
家を出てホテル住まいを始めるところから始まるお話。
小説家になろうという夢だけを持つ若者(非常なるハンサムなのに、これでもかってくらいボロボロの服をきている)と
人生の終焉に近づきつつある彼女の交流。
好きな映画好きな場所、よどみなく答えられる人生ってすてきだな。
他人だからわかりあえることもある。
家族だから傷つけあうこともある。
http://www.cl-hotel.com/


1月に観た映画は

「ヤギと男と男と壁と」
ジョージ・クルーニー、ジェフ・ブリッジス、ユアン・マクレガー、ケヴィン・スペイシーと同等に並ぶヤギのポスターをみて、
行く気満々はりきっていたのに速攻公開終了。
だって、ハリウッドスターと同じ大きさなんだよ!顔が。
意地でリバイバル館にて観る。
まあ、わかってたけどね。アメリカンコメディ意味不明なり。
スター・ウォーズのパロディとして楽しめばいいか。
期待してたほどヤギは出ず。どぼん。
http://www.yagi-otoko.jp/index.html

「ハングオーバー」
ヤギと同時上映。
男ってなんでこうなの!っていいつつ呆れつつあまりにステレオタイプなコメディにむしろこっちの方が笑えた。
独身さよならパーティのためヴェガスにきた花婿&親友ふたりと義理弟。
浮かれて目が覚めたら花婿が消えててどうしましょー。
弟(ザック・ガリフィアナキス)いい!隣にいたらやだけどいい!
結局下ネタは世界共通。
なんと2制作決定です!
http://wwws.warnerbros.co.jp/thehangover/

「椿三十郎」
もちろん黒澤監督三船バージョンで。
織田ちゃんバージョンと比べるとやはりこっちのがいい。
スキだけどね。織田ちゃん。
でも「ギラギラしてる抜き身の剣」は、やっぱ三船さんでしょう。

「海炭市叙景」
1月期大本命。
加瀬亮ではなくあえて竹原ピストルで、そして熊切和嘉監督に期待大。
「ノン子36歳(家事手伝い)」ですからね。
うら寂しい北の街海炭市、
そこに生きる人のやるせなさ。どうにかしたくてもどうしようもない。
どうにもできない悲しさ。
全編がくらーくひたひたと心に凍みる。
なんだってこんな辛いものをこんな寒い時期に観る必要があるのか。
どこかに救いがあるのではないか。(人によってはあるのだけれど)
観ていた私は、飲み屋のおねーちゃんの姿に救われます。
あまりに真にせまっていて涙もでないよって思っていたのに、
最後の最後、最初の登場人物である線路を渡る兄妹の後姿につながった時。
監督ってすごいなぁって思う。
現実逃避の映画館で現実をつきつけられて、
それでも観てよかったと思える映画。

立ち退きをせまられるおばあさんの飼猫グレ。
太ってます。グレ。
http://www.kaitanshi.com/index.php

原作はこちら↓

海炭市叙景 (小学館文庫)海炭市叙景 (小学館文庫)
(2010/10/06)
佐藤 泰志

商品詳細を見る

映画のちらしには、村上春樹と同時代に出た作家という。
芥川賞の候補にもなりながら、自死を選んだ人の書く故郷函館をイメージした街。
自己投影もあったのだろう。
いなくなった後で、地元の人の力で映画としてまた甦るなんてきっと何かがあるはずだ。
こちらも読んでみようと思う。

「やぎの冒険」
海炭~を観たユーロスペースで手にしたちらし。

や、やぎ!!

リベンジヤギ!&北の国から南の島へ!を合言葉に池袋へ。
か、かわいい・・・
沖縄の都市部からおばーちゃんの家に遊びにきた小学生。
かわいがってたヤギのポチが、なんとヤギ汁に。
ヤギは愛玩か食料か。
食べるってことは野蛮なのか。
食べるとかわいがるはイコールにはならない?
自分の感覚がいつも正しいわけではないと知る小学生のひと夏の物語。
それにしてもシロちゃんかわいい。
どうやらオーディションで沖縄一かわいいヤギを選んだが、 頭はおバカだったとか。
でもいいの。かわいいから
画面バックに映りこむ姿、海でやぎ山でやぎかけっこするやぎ、サービスシーン満載。
いやはや、堪能です。

主演も小学生なら監督は中学生。
「ブタがいた教室」と同じテーマをごく自然に、しかも子どもに教えられてしまう。
これを観た人はみんなニッコリ。
沖縄マジックです。

http://yaginobouken.jp/

さて、次回2月は「GANTZ」でスタート

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/628-38d7e12f

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。