犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
くるりライブ興業2010~地獄の団体戦~

急きょ代打で団体戦に参戦することになったのは二日前。
そして行ってまいりました。NHKホールへ。
それにしても、新しいアルバム「僕の住んでいた街」を上梓されたばかりだったんですね。
そしてどうやらそれは、B面だけを集めたものらしい。
ということで、「前日の愛知でワンダーフォーゲルやってーとか言われたけど意地でもやりません。このCDの中のとみなさんの知らない曲しかやらない」と宣言されてしまいました。

もちろんわたしの知らない曲ばかりなのだろう。
ちなみにここにセットリストは載せてません。私には名前がわからない曲ばかりなので。

会場に入ると始まる前のステージには小さなスクリーンがはってあって
そこにいろんな人の撮った写真が順々に映し出されている。
きっと公募したんだろうな。ってその中にくるりさんのもちらほら。
こうやってたくさん映し出される写真をみていると、本当に上手なので、昔と違って写真家は大変だななんて思うわけです。デジカメやケータイで気軽にすばやく撮れるでしょう?
もちろん、ホンモノに追いつくのは難しいのだけど、雰囲気は・・・ね。

久しぶりの生歌見学。
今回2階席の真ん中あたりとあって小さいながら座っていてもよく見える。
しかも誰も立たないのだ。前の席の人々が。
でも他の席は、くるりさんが登場してワーってなっているわけ。
うーん。なんか、演奏している人を上から座って見ているって妙に申し訳ないような(意味不明ですね)、た、立とうか。
ちょうどすぐ後ろが通路という誰にも迷惑かからない席でした。なので立ったり座ったり好き勝手してみてました。
周囲のステージにクギ付け!の人たちをみて、ふと伊坂幸太郎の本を思い出しちゃったりね。

入ってきていつもどおり「くるりです」って挨拶した後、2曲くらい。
暗めのステージの上から紙ふぶき(まるで桜の花びらのよう)が舞って舞っておりました。
(それはそののち黒子さんたちが団扇を持って楽器を扇いでまわるくらいたくさん落ちていた。)
次の4曲はみなさん知らない曲です。(そのうちアルバムに入れる予定のようです)って「温泉」「さよならアメリカ」「麦茶」「目玉のおやじ」
個人的には「温泉」好きだな。で、「さよならアメリカ」は私の中のくるりっぽさと一致。
でも、すごいなぁって思うのはあとの2曲。なんておされな「麦茶」なんでしょう。なんてファンキーな「目玉のおやじ」なんでしょう。
もし突拍子もないお題を渡して、これでひとつお歌作ってくださいってお願いしたとして。それでも難なく(いや生みの苦しみはあるのかもしれませんが)するっとお題から生じるイメージを払拭したものを作ってくれそう。
そして聴く人をびっくりさせてくれそうだ。

そんなことを思いつつ、次は一番長い曲。演奏するのが大変なのですごく練習したそうだ「ガロン」
曲の途中でふいっと岸田氏が佐藤さんのうしろに近づき・・・二人羽織のようにふたりでひとつの鉄琴を演奏。その後も岸田氏がキーボードを弾いたり。確かに、大変だ。
これができた時すごいのできました!A面にしたいです!って言ったらしい。
そして、その後B面にしてよかった・・・と。

次が確か、「くるりでも人気の高い「ばらの花」という曲のカップリングなのですが、なぜこの曲をいれてしまったのか…」という曲。
確かに…なぜあの曲にこの曲なのですかね。
なんだかギャップがありすぎますよ。

その後は、ボクは喉が弱いので…と佐藤さんに1曲歌ってもらったり、すけべな女の子の歌、ベーコンエッグ?の歌とか「魔法のじゅうたん」という7月にじゅううん日に発売予定の曲を歌ったりしてました。

岸田氏はMCはうまくないとおっしゃっていましたが、会場から「オリコン1位おめでとー」って声に、ぽつぽつと。
プロモーションの量も少なめだったし期待はしてなかった。
とれたことは嬉しいしなりたいって方向できてはいたのだけど、実際なってみるとね・・・
以前ある女性アーティストのコンサートに行った時「ステージ上ではお姫様やってるけど降りればただの人」という言葉をきいてそうかーって感動して、そうゆうふうに思いたいと感じていたけれど。
本当に自分が1位をとってもここには電車できたし(こいつは自転車、と佐藤さんのこと)結局はただの人でありそんなもんなんです。
ロック好きの人間がステージに上がっているというだけのことなんです。

そういえば曲の合間にふと「首相が辞任したんですね?」と「なんだかなー、いやポリティカルなことは控えますが」とか言っておりましたが やはり気になっておられたご様子。(辞任当日がライブでした)
しばらくして、またこの話題を口にした岸田氏。
佐藤さんに「次誰がなると思う?」「オカチャン」「サッカーの?」
「いや、違うでしょ。三白眼の人だよ!」
結局、首相は菅さんになりましたがおふたりの感想はどうだったのでしょう。

さて、佐藤さんがオカチャンを勧めた理由とは
ある時新幹線のチケットがグリーンしか取れなかった。ガラガラなのに同行者とは離れた席に。
で、近くに座ってビールを飲んで酔っ払っていい感じになっていたところに名古屋からオカチャンが乗ってきた!
で、その佐藤さんが座っていた席こそオカチャンの席だったのだ!!
あわわの佐藤さんにどうぞどうぞそのままでと言ってくれたのだそうな。
日頃の行いって大切でしょ?見た目じゃあ人はわからないもの。ああゆう時こそ人柄が出るんだよ。僕なんて悪人ですからね。だからオカチャン。

いつも通りに最後に佐藤さんの物販宣伝コーナーがあって、くるりの詩集はその曲についての岸田氏の想いを演奏するメンバーに伝える為の直筆メモがついているからレアなのでどうぞ。とか、いま会場で1曲も知ってる曲なかったーって人いる?あれ?愛知ではいたのに、嘘ついてるね?そんな人はぜひCD買って行ってください。そしたら2週はいられるかも。
なんて楽しそうに宣伝してました。

ちなみに、知ってる曲・・・あった。すけべな歌と尼崎の歌。それだけか!
それだけと思うけど、だからといって知らないからつまらなかったわけではなく。
B面のよさがよくわかるライブだった。
もちろん聴きやすいのも聴きにくいのもあったけど、むしろ初めて聴いたのが生でよかったなぁ。
ギターかき鳴らしの岸田氏とお行儀よくリズムを刻む佐藤さん。
久しぶりにみるおふたりにこれまた感慨深いところありました。

*くるりさんの言葉は、覚えている範囲なので微妙に違うこと間違いなしです。あしからず

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/599-6ddab0ab

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。