犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ずいぶん昔の話になってしまいましたが・・・(苦笑)

そもそも今回の京都旅で絶対にはずせないと決意したところはふたつ。
河井寛次郎記念館と建仁寺の双頭の龍。
着いたらまず清水寺と決めてはいたけれどその後のことをちゃんとは考えていなかったのである。
清水寺から河井寛次郎記念館はすぐ。
でも時刻は・・・こんな時間に開館していないことだけは理解できる。
さあ気を取り直して地図を見てみよう。
歩いていかれる距離にあるのが建仁寺と高台寺。
建仁寺はオバチャンが行きたがっていた安井金比羅宮の近くにあるし明日以降にした方がいいだろう。
では、高台寺へ。
しかしながら、拝観は9時からなのだった。まだ8時にもなってないのに。
そして3月の京都はぼんやりとした寒さではなく歯がぶつかりあうほどの寒さにグレードアップしていたのだった。
(こんなこと6月に書いても共感してもらえないだろうけど)
おお。寒い。そしてお腹すいたよ。
少しでも賑やかな方へ歩いてみよう今はまったく人気のない三年坂だけど。
いつもは大混雑なんでしょう?そんな風景をみたことありますよ。そんなところに自分しかみつけられない心細さ。
開店準備をしている人に、「ここ、三年坂ですか?」って質問してしまいましたよ。

寒いお腹すいたコーヒー飲みたい。イノダコーヒー!こんなところにあるんだなぁーるるるー。
歩きつつまだ開店前の店を眺めつつ地図をみる。高台寺ついても入れないんじゃあどうしたらいいのかと周辺地図をよくみてみると。
突然、啓示が指し示されたのだ。

坂本龍馬の墓 木戸孝允の墓!!

墓なら開いてるも開いてないもないだろう!行くべき場所がみつかったぜよ。ちっくとご挨拶に行くぜよー。

というわけで、二年坂の途中で右方向へ旋回。
桜が咲いたらキレイだろう道を進むと左手に少々おどろおどろしたいかめしい空気を醸している建物が現れた。
幕末維新ミュージアム霊山歴史館である。
幕末・明治維新の専門の歴史博物館は日本でここしかないらしい。
さてそろそろどーんと現れてもいいのではないか。坂本龍馬なんだし。と、首をまわしてもそれらしきものは見つからず。
地図をもっとよくみてみる。どうやら霊山護国神社の敷地内にいらっしゃるのではないか?
どんぴしゃり。
いらっしゃいました。いらっしゃいましたが、龍馬さんに会うのも面会時間があったのだ!
8時から。あ。8時だ!!

券売機に300円を入れチケットを自動改札機のようなものに通しいざ幕末の志士たちの眠る地へ。


京都4龍馬さん


普段、お墓を怖いと思ったことはない。が、しかし・・・
人気のない早朝、しとしと降る雨、ぬかるんだ道、奪われる体温、そしてうっそうとした中に佇む墓石。
なんか、いる・・・?
なんかって、そりゃ幕末の志士なんでしょうけれど。
たまーに見える人影に少し安心しながら、龍馬さーんどこですかーなんてひとり言をぶつぶつと。
龍馬さんと中岡さんは京の街を見下ろす一等地にいらっしゃいました。
でもさ、お墓って普通は地元に作るのではないのかしら?
土佐に帰りたくはないがですか龍馬さん。
ちっくと上洛しましたぜ、なんて拝んでいると視線。振り向けばカラス。りょ、りょうまさん?
それからさらにぬかるんだ墓道を上って桂小五郎とご対面。
で、ふりだしの案内板まで戻ったんだけどその中にひっそりといる高杉晋作を発見!
知ってる人だ、と思ったらご挨拶しないといけない気分になってしまいまたしても上るのだった。

気がつけばもうすぐ9時。非常食のアンパンを銜えながら高台寺へ向かう。
たしか高台寺の近くにマエダコーヒーがあったはずだが?
うろうろするが見つからず。
ええい、高台寺へ入ってしまえ。
高台寺の拝観料は大人600円。関連施設3ヵ所共通拝観件は900円だったのだけど、
基本料金で券を受け取ったあとで3ヵ所共通を購入するとてぬぐいをもらえることを知る。
ああ。惜しい。

高台寺は豊臣秀吉の正室北の政所ねねが秀吉の菩提を弔うために創建したお寺。
女性らしく清楚な気品漂う場所でした。
下の写真は開山堂。天井には秀吉が朝鮮出兵で使用した船の天井も使用されているっていうところがいいよね。

京都5高台寺


開山堂では四方を見渡していてみつけた、下半身が鳥の天女らしい絵が気になって仕方がない。
後日「長谷川等伯展」でまたしてもその絵に遭遇。迦陵頻伽(かりょうびんが)という仏教上の想像の生物で天女ではないとのこと。

京都6高台寺2


高台寺を後にして、石塀小路を進む。
もしやこれは、鍵善!
本店じゃあないけれど・・・しばし暖をとるため休憩しよう。

京都7鍵善良房くずきり


京都8鍵膳良房くずきり


なのに、くずきり食べてるのです。寒い。寒いですがうまいです。うまいですが寒い。のエンドレス。
さすが吉野葛。
建物の中に入ったのに結果的に温まれずくずきりが呼び水になってかえってお腹がすく。
そして直後にマエダコーヒー発見・・・。何故に今?もっと早く出会いたかったの。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/594-6bb13f96

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。