犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このようなものを本屋で見つけてしまった場合、もう買わないわけにはいかんだろう。
幸運にも見本が置いてあったので読むと、ますます欲しい。
1冊買ったら、次も欲しくなった。
あの日はいったいなんだったんだろうなぁ。
何を買いに行ったのか、偶然入っただけだったのか。記憶はとうに消えてしまったが、久しぶりに大型書店のコミック部門に戸惑いながらふらふらしていたことは覚えている。
まさに虫が花の蜜に吸い寄せられるように、いや電灯かな。

虫けら様虫けら様
(2002/05)
秋山 亜由子

商品詳細を見る


こんちゅう稼業こんちゅう稼業
(2003/03)
秋山 亜由子

商品詳細を見る


しかしまっこと正しい買い物であった。
虫、と聞けば怯む女子もいらっしゃろうが、この作品はリアルではない。
描写はリアルではないけれど(一部リアリティ溢れる虫もいたような・・・)細部まできっと正しく描かれており
作者の虫への愛を感じるのだ。
ファンタジーのようでもあり妖怪の気配もあり。
しいていえば今昔物語虫の巻ではないだろうか。
背筋が寒くなったり切なくなったり少々おかしみを感じたり。
虫だけかと思えば鳥や猫の話もある。
個人的には
「蚤のサーカス」でじんわり「鼠の草子」かわいらしく滑稽な男「十三夜」粋なやつ
を感じた。
近藤ようことの対談もすばらしい。近藤ようこっていうのがよいじゃないですか。

別の日別の書店にて。
絵本コーナーを歩いていると、やややっ!
これは!

くものすおやぶん とりものちょう(こどものとも絵本)くものすおやぶん とりものちょう(こどものとも絵本)
(2005/10/15)
秋山 あゆ子

商品詳細を見る


確かに絵本でもいけるなぁ。
くものすおやぶん、手がいっぱいで十手もってもまだつかめるし捕り物にはぴったりだ。
なんて思っていたら、職場にて児童担当さんに「この本好きそうだよね。」って勧められました。
よくおわかりで!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/589-2c7b8f92

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。