犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
兇天使 (ハヤカワ文庫JA)兇天使 (ハヤカワ文庫JA)
(2008/02)
野阿 梓

商品詳細を見る


金髪に猫目、革ジャンにバイクで天界を傍若無人に爆走する。
熾天使セラフィが、上帝からの密命によりアフロディトの子を殺した悪竜ジラフを捕らえる旅に出る話と
運命に翻弄されるホレイシォ・シャトオブリアンの視点からなる「ハムレット」の話が
交互に展開されるこの小説をいったいなぜ手にとってしまったのだろう??

ああ、これが、耽美なのだね!

流れるように紡がれる歯が浮く言葉のオンパレード。
例えば、美貌の熾天使セラフィを形容する言葉。言葉だけにどきどきしちゃうよ。

<美貌の尊厳を身にまとい、夜のように黒く巨大なモーターサイクルにうちまたがり、
天界の秩序のなかを暗い稲妻さながらに爆走したかと思うと、
あっという間に光の彼方へ悠然と消えさる黄金の髪の海賊 p8>


・・・なんである。
一時が万事この調子。
なんだか場違いな世界に入っちゃったな・・・と慄いていいやら笑っていいやらそれでも読み進んで行くと
すっかり嵌まってしまう恐ろしさ。
丁寧に飾りつくされた文章の川を、遡上する鮭のようにかきわけて泳ぎ本流を目指す。
最短でたどり着く必要はここにはない。
というかできない。
ページを繰っては戻り、繰っては戻りを繰り返す。
恥ずかしいほどこってりとした言葉の中に、
作者の緻密な計算や歴史の知識そして「ハムレット」の新解釈が見えてくれば、
あとは流れに身を任せ(あれ、それじゃあ河口に逆戻り?)驚きのラストへ突入するのだ。

それにしてもアフロディトが起こすであろう戦いを
最終美神戦役(アフロディトゲドン!!)と呼ぶなんて。
その、ヨミガナに笑ってしまったよ。
いや、「さいしゅうびしんせんえき」でもすごいけれど。

さて、そのアフロディトゲドンを勃発させないために
ジラフの心臓を渡す約束をアフロディトとしたセラフィはジラフを追って時空を超え世界を旅する。
そしてシェイクスピアが生きる1599年にたどり着いたときふたつの物語がひとつになって最後の物語に。
物語はフィクションでありながら実在する人物や出来事を織り交ぜ、SFに深みを持たせている。
「ハムレット」の方も同様。シェイクスピアの戯曲からは窺い知れない登場人物たちの事情に、
(なんたってホレイシォがすごいことになっている。わたしの好きなストイックで忠実な友人ホレイシォがぁ!)
そんな無茶なと思いつつ、いったい王を殺したのは誰なのか?そしてセラフィの役割は?

読み終わったら、ホレイシォ像がすっかり塗り替えられていましたとさ。

ちなみに、熾天使ってどんな天使だろうと調べてみると・・・

図説 天使百科事典図説 天使百科事典
(2006/01)
ローズマリ・エレン グィリー

商品詳細を見る


天使の中で最上位。とあるが、その姿は。
美貌の海賊とはいえません。ああ、恐ろしい。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/586-84bcf1c1

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。