犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ねえねえ、知ってました?
崎陽軒ではシュウマイをシウマイとあらわす。

ウマイって言葉が入っている、そんなシュウマイをお届けしたい。

普通の弁当屋だった崎陽軒。初代社長・野並茂吉は考えた。将来を見すえたとき、このままではいけない。特徴をださなければ。
ということで、横浜=中華だと専門家を呼び冷めてもおいしいシウマイ開発。
横浜は電車乗って旅に出るにも帰るにも弁当商売としては立地が厳しい。
ということで駅でシウマイ娘がかわいく販売。茂吉、なかなかやり手である。
そして、なによりお顔がかわいらしいのだ。

工場見学第2弾。
今回は予約を入れて待つこと3ヶ月。念願の崎陽軒に行ってきました。

崎陽軒横浜工場
新横浜駅より市営バス約10分港北インター下車


シウマイの崎陽軒


いったいなぜにすぐに定員が埋まってしまうのかというと、工場がちっちゃいからなのだった。
雨降る寒い2月。新横浜よりバスに乗り、同じバス停で降りる人はみな工場見学。
こじんまりとした入り口には、<ようこそ崎陽軒・torota様ご一同>と控えめに紙がはってある。
守衛さんに導かれるまま、下駄箱に靴を入れ、前を向くと等身大(等身って何を持っていうんですかね。小柄の女性くらいだった)のひょうちゃんが立てかけてあり。ひとしきり盛り上がる。

ひょうちゃん


まずエレベーターで5階へ。案内された会議室風のお部屋には、テーブル島が点在していて各々グループで座る。
全部で20人くらいかな。

いや、人間の記憶とは当てにならないものだ。今、サイトで確認したところ定員は40名らしい。
そんなにいたんだ。そして、今のご予約状況は全部満席だ。

そのホールにて崎陽軒についてのビデオ鑑賞。
崎陽軒の名前を有名にしたシウマイ娘のくだりでは、
「やっさもっさ」という小説にシウマイ娘がでてきており映画化されたとある。横浜駅でチャイナ風の制服を着るシウマイ娘は憧れの職業だったのだ。
ということよりも「やっさもっさ」ってなんですか?申し訳ないがそこでひっかかってしまったらしい。すごく気になる。
だって「やっさもっさ」だよ。小説のタイトルになぜ「やっさもっさ」?(と、手帳にメモメモしてあった。)

人数が多いので二手にわかれてまわることになり、わたしたちは廊下に陳列してあるひょうちゃんや商品の説明から。
初代ひょうちゃんは漫画家の横山隆一が描いていたのかぁ!

初代ひょうちゃん


微妙・・・微妙な顔である。こうゆうのを味があるっていうんだ。

個人的になじみがあるのは2代目ひょうちゃん。

2代ひょうちゃん


某ドーナッツ会社のイラストを描いていた原田治によるもの。
現在はまた初代を復刻していて、また期間限定とかイベントとかさまざまな顔のひょうちゃんが楽しめるみたいです。
<JR開業20周年ひょうちゃん>というものもあった。
大きさがひょうたん型と小さめの四角い型があるのは、購入したシウマイの数で違うのだそうだ。
私はシウマイって自分で買ったことないのですが(すみません、最後のアンケートの時困りました)あけたときのひょうちゃんで楽しめる。そして、その後はお弁当の友になるのだ。
一人暮らしをする時、好きなひょうちゃんもっていっていいよって言われてふたりばかり連れてきましたっけ!

シウマイ娘


そしていざ工場部分へ!
原材料の説明のあと、ガラスの向こうへ目をやれば1日80万粒つくるというシウマイ製造機。
肉の解体から箱詰めまでじじっと見ます。
総合病院にあるカルテを運ぶモノレール形式の機械と同じようなものがあって、それが材料をきめられたところに運んでいく。
入れました!混ぜました!でてきました!

清潔を保つ工場内では終了後掃除にあてられる時間が、2時間。
毎日だ。

そして機械くんたちと一緒に作業をしている人たち。
服装の違いで「あれは、主任かねぇ?」「いやいや、あの人はパートだ」
中には明らかにお客様的な、着慣れていない感じの人がいて、あの人はいったい・・・?
と思っていたが、どうやら機械メンテの方だったようす。
そうかそうか!納得!

<昔ながらのシウマイ>と<特製シウマイ>では、作業が少々違うそうで<特製シウマイ>は全部手作業なのだそうだ。うれしいことに人気がでてきて追いつかないので新しく機械化するんですって。

よかったねぇ。
なんて思う私の横で、やたらと商品に詳しい相方。
あなたいったいいかほどシウマイ食べてるの。
問えば、いやー普通?というけれど、
あれは?食べた。これは?知ってる。

おいおい、かなり好きな人じゃないですか。

そうそうシュウマイといえばグリンピースがついてるものだけど、崎陽軒では餡に練りこんでいるんですね。
材料に対するこだわりはもちろん、保存料や化学調味料が入っていないということもすばらしい。
昔はそれが普通だったのだろうけど、今は何につけ何かが入っている気がする。

そんなこんなで最初のホールに戻ったところ、おお!試食の準備整っておりますー!
わーい。

試食


ひょうちゃん型の小皿にシウマイくん3つ。昔ながらのシウマイ2つと特製シウマイひとつ。チョコレイト餡の月餅にお茶。
添えられる醤油はもちろんひょうちゃんに入ってる。
うーん。パクリ。

試食2


ひょうちゃんはひとりひとつずつ持ち帰りOKで、そのひょうちゃんを入れるジップ付の小袋までついている。
細かいところにもゆきとどいております崎陽軒。
それは予約の電話をした時の丁寧な応対や工場内の雰囲気にもあらわれていた。
アットホームで安心感がある感じ。
こうゆう会社が食品を扱っているってわかると消費者としてはうれしい。
そして、それこそ会社側がわかって欲しいものなのかもね。

難をいえば、いや提案を言えば、売店が欲しいです。
工場の外のちっちゃいシウマイ売っている場所じゃなくて。そして、工場見学にきたら買えるひょうちゃんグッズとかあったらさらにいいんだけどなぁ。
ひょうちゃん小皿は非売品でした。

今回のおみやはひょうちゃんサブレ。

ひょうちゃんサブレ


3枚入って150円。ゴマの香りがほどよく想像以上にうまかった。

さて、朝から見学したわれら。
気がつけばお腹グーグーです。だってシウマイ3個だもん!
そして、横浜アリーナとスタジアムを混同したわたしたちは間違えた方向へひたすら歩く。お腹空く。ひょうちゃんサブレ食べてもいい?いや、これお土産だし。まだ、つかない?
というか、どこにつくのー?

って、なんとか大倉山駅にたどり着きひと駅遠くに来ただけだということは考えないようにして、さてお腹すいた。
うんそうだ、崎陽軒本店に行こうじゃないか。
と、横浜へむかったのだった。

そこでも、まあ、いろいろあったのだけど。それは、もういいか。
もうお腹いっぱいですよね?
わたしたち、シウマイ買って帰るどころかしばらくはいいやっていうくらい食べてもうお腹いっぱい。

コメント

 またまた、ひさびさのNGです(笑)。
 崎陽軒の前の道(新横浜駅からバスできた道)は、たまに車で
通りかかる地元民だったりします。
 あそこから大倉山駅に行くなんて、とんでもない方向に行って
しまいましたねー。マジカルミステリーツアーとか弥次喜多道中
みたいに、あっちへ行けば何かあるとか、torotaセンサーが誤
作動してしまったのでしょうか?(笑)
 ちなみに、もう気がついているかもしれませんが、崎陽軒を出て
右に曲がって300mも進むと、IKEA港北店があります。
 torotaさんなら、これを知ってたら、横浜スタジアムより、こっち
へ行ってましたよねー?。

Re: タイトルなし

>NGさん
あは。センサー誤作動・・・しょっちゅうです。
が、しかし!
それよりもショックですよ~。そんな近くにIKEAあったんですか?!
もちろんNGさんからのコメントで知りましたよ(笑)
崎陽軒へ行く前に駅で看板を見て、
IKEAに行くのもありだねーって話をしていたのに。
シャトルバスが出てるみたいだから、寄ってもいいよねって話をしていたのに。
いったいなぜ。
うーむ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/584-fff6a59c

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。