犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、前回左の後ろ足の具合が良くない話をしましたが、
外へ出たがったりするし、まあ様子を見ようということになっておりました。
が。
さっそく、次の日の夕方に実家より
「病院へ連れて行った」と、連絡アリ

左足がパンパンに腫れている。毛が赤剥けているし、内側に大きなしこりもできている。
前日よりも難儀な様子に驚いて、慌てて獣医さんへ連れて行くと、

「これはひどい」
え?餌は食べたんですか?
こんな状態じゃあ食欲も湧かないはずだけど・・・

す、すみません。
いやしくて・・・
(その昔、犬も同じようなこと言われた。我が家にくると痛みより食い気のコになってしまうんだろうか。)
薬をもらっても飲ませるのに一苦労。そして結局、餌も薬も無駄になる。
ということで、2週間分相当の抗生物質と消炎剤をブスブス注射してもらって帰宅。

とろた、いったい、どうしちゃったんだぁ。

母と怪我の原因を推測してみる。
やっぱり、猫同士のケンカかなぁ。噛まれたふうではないんだけど。
高いところが好きだから滑って落ちたりしたんだろうか。
うーむ。

と、実家の住人が吠える。「あの黒ネコだろ?ちくしょー」

おいおい。猫のケンカに人間が出てはいかんよ。しかも、クロトンと限ったわけではなし。
しかしなぁ。
猫侵入事件があったから、その辺は気をつけていたはずだし…
わたしは実家にいないので、それらの話を総合して考えてみる。
うむうむ。うーむ。

すると、なんと。
新たなる証言が!
よそネコが侵入しないようにと、案じた実家の住人が窓をいつもより細く閉めたらしい。
そして、その時家の中にいたとろたがいつもどおり窓から外へ出ようとそちらへ向った後に

ふぎゃっ

って声がしたとか・・・

って、おい!クロトンのせいじゃなくてお前のせいかっ!!

元々足の調子が悪かったところにお風呂場の高い位置にある窓の隙間めがけて、ひょいっと跳び上がる。しかし、目算誤り、あれれっ?いつもは通れるのに!顔がぶつかる!
で、体勢をくずして落ちた先には風呂場のタイル。
これが真相・・・なんだろうか?

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/553-f49fd5c3

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。