犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こうなったらとことん読んでやる。辻村深月3作目。

「ロードムービー」辻村深月
「冷たい校舎の時は止まる」の番外編にあたるこの作品。
しかし、どうにも帯がいやんなっちゃう。この素直さをこっぱずかしく感じちゃうのは、おいら汚れちまったせいなのかい。

誰もが不安を抱えて歩き続ける、未来への“道”。子どもが感じる無力感、青春の生きにくさ、幼さゆえの不器用……。それぞれの物語を、優しく包み込んで真正面から描いた珠玉の3編を収録。涙がこぼれ落ちる感動の欠片が、私たちの背中をそっと押してくれます。はじめましての方にも、ずっと応援してくれた方にも。
大好きな“彼ら”にも、きっとまた会えるはず。


と、講談社さんはいってますけど、はじめましての方にはあまりおすすめしたくない。
知ってるもの同士が思わせぶりに交わす空気。この作品の良し悪しではなく、書き手のスタンスにそんなものを感じる。前作を読んだ人に対してのメッセージとわたしは受け取った。

ロードムービーロードムービー
(2008/10/24)
辻村 深月

商品詳細を見る


どの作品も子どもが主人公のお話。
特に表題作の「ロードムービー」では、子どもの強さを感じる。
もどかしい現実にどうやって向き合っていくのか、作者はそこを丁寧に書いていく。子どもが好きなんだなぁと思う。小さな頭で何を考えているのか、行動に移す理由はなんなのか。突拍子もないことでも子どもの中ではつながっているんだというそのつながりを描くのがうまいと思う。
2作目は塾の先生になったあの人と生徒の話。
彼がぐるぐるから解放されたのを知ってほっとした。
それにしてもどうして名前を出さないのか、そうゆう焦らしってだめなのだ。
3作目にして、作者の意図がわかりだす。
そうか、そして「冷たい校舎の時は止まる」につながるのでした。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/550-2e8e9326

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。