犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏休みを取らずにいたらすっかり9月。
やりくりして取ってみるとずいぶんと祝日が増えたんですなぁ9月って!
ああ、なんて忌まわしい連休。敬老の日がいつなのか、そこに意味はあるのか、お上の提案する合理的な考えにもイラッとしてしまう長さで、気がつけばシルバーウィークなる名前もついておる。

なんなんだいったい?!

いや、結局は自分の夏休みと連休がくっついてがっつり秋休みとなってしまったわけなのだ。
旅行にでも行こうかと妄想してみるものの、山部発足につき(この件についてはまた後日)予想外の出費などあり・・うーん。
旅行計画は妄想旅行クラブで終わり。
それにしても、ずっとだらだらしてるのももったいない。
ということで、かねてより頭の片隅に住んでいたある島への上陸を決意。

日帰り無人島探検・猿島

ずいぶん前から気になってはいたのだが、一応無人島だし、ひとりで行くのもどうだろう?ってことでずーっと保留になっていた。この際ひとりだっていいのだ。

もうアラサーだもん。ひとりでできるもん!

横須賀の三笠港から約10分。
1時間1本の船に乗っていざ上陸。
玄関のささやかな海岸には、バーベキューを楽しむ酔っ払いがひしめいていた・・・
今日は平日ですが?
ってか、無人島ってこんな・・・?
ちょっとショック。無人島って響きには、もっとひっそりとしたイメージがあるじゃないですかー

と思うのもつかの間。
この夏初めての海じゃん、もしかして!
と浮かれてうっかり波と戯れる。あわよくば裸足になろうとする自分を、おいおいひとりでこれって絵的にどうよ?海岸で賑わっているバーベキュー人を考えると、どうにも悲しい姿だぜ、自分。
楽しんでいる人は気にもしないだろうけれど。なんとなく断念。

アラサーにも、できないことってあるんだす。

ということで、探検開始。
お勧めコースに沿って進めば所要時間1時間で島を廻れるとありますが、歩いては止まり眺めてはカシャリ。
とても1時間ではすまない楽しさであった。

明治時代に軍事要塞の島として作られ、第二次世界大戦でも使用されたとかで弾薬庫とか薄暗いトンネル(愛のトンネル・・・うぇぇ)とかあって大人も子どもも楽しめること請け合いである。
小さな島なので降りたらみんな一列になって同じルートをたどるとか・・・と覚悟していたのだが、人に逢うこともなく、どこからか聞こえる人の声と鳥の声をなんとはなしに聞きながらひたすら写真撮影。
(ツェッツェッって鳴いている鳥はなんて名前なのだろ。つんのめりながら靴のつま先を地面に引っかける音、もしくは歯の隙間から空気がもれちゃった様子をつい想像してしまう。)
うむ。ひさびさに写真部してるなぁ。

実際、お年寄りや家族連れが散歩していたり、熱愛的男女が世界をつくっていたりモデルの撮影をしていたりいろいろな人がいた。

奥に進むと島の側面に日蓮洞窟と呼ばれる古代住居跡があり、そこへ行くには海へ向って階段を下りていかなくちゃいけない。洞窟もなんだかおどろおどろしくて、その時はちょっとドキドキしましたね。断崖絶壁ってほどではないけれど、ひとりだしつるっと滑って落ちても誰も気づかないかも・・・と思うとまさに探検気分!
海の上空を通るヘリコプターに向って「たすけてー」って遊んでたら、海の中から人がでてきてものごっつびびりました。こあい。ひとりごと連発です。

島の逆の先端にはオイモノ鼻という岩(島の形?)があるらしく、これもまた岸壁を階段で降りて行かなくては見られない。こっちは割と降りやすくて、鼻歌交じりに進んでいたら岩の上に世界を作り出している熱愛的男女の姿が(行きの船でもタイタニックばりに風に吹かれていたふたり。”タイタニーズ”と名づける)いたたまれず断念。

要塞というだけに、積み上げられたレンガが重厚で見ごたえある。時代によって風化され自然と一体になりつつある島をみると、植物のじりじりした力強さを感じる。
うっそうとした薄暗い中に木々の光と影がレンガにうつしだされて、影絵のようでみていて飽きなかったけど、そんな人ほかにはいなかったっすよ。

光と影に覆われた島、猿島。でも猿はいない。
近くて日常を忘れられる、いろんな楽しみ方のできる島でした。

猿島1
猿島2
猿島3
猿島4
猿島5
猿島6
猿島7
猿島8
猿島9
猿島10
猿島11
猿島12
猿島13
横須賀へ戻ったその後は・・・

非常にお腹がすいたのだが、腹減り難民とかす。
横須賀・・・横須賀らしいものを食べたい。
と、ドブ板通りにあるネイビーバーガーを食べる。
ネイビーバーガー

うん。
アメリカって感じ。

その後、横須賀中央駅方面へ戻り。
<創業昭和3年元祖フランスパン>の文字に惹かれて、ヨコスカベーカリーへ入ってみる。
残念ながらフランスパンは完売だったけど、焼きたてのフランスブレッドがありますよ。
それとパウンドケーキとデンマークケーキを買って帰る。
しかし、どれも安いな。
電車にゆられて家に帰ると、またしても腹減り。堪えきれずふわふわのブレッドを齧りつき!
うわ。うまい。確かに、ブレッドだけどフランスパン風でもあるような。懐かしいおいしさだ。
また行ったら今度はフランスパンを食べてみたいなぁ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/537-14490f16

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。