犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝起きて、さあどこへ行くか予定は未定なのであった。
前日のダメージは大きく、やる気がでない・・・
ぶっちゃけどこかへ行きたい!!って意欲もなく、かといってホテルに寝てるわけにも行かず。
オバチャンの「淡水へ行こうよ」に、一も二もなくのったのだった。
淡水は河口の街。台湾のヴェネチアと呼ばれる水の街。銀座もどこにでもあるけれど、 ヴェネチアもほんとどこにでもあるなぁ。

台北駅からMRTの淡水線に乗って40分くらい。
平日の朝、通勤の人に混じってぼんやりと電車に乗っていると、不思議な気分になる。
下りになるのだろう、車内はそれほど混んでいない。
日本の電車と雰囲気は似ている。違うところといえば、椅子がツルツルのプラスチック(プラスチックではないのだろうか・・・平たく言えば布ではないってこと)で、優先席が"博愛座”ということくらいか。
非常に清潔感漂う車内にて、気を抜くとずぶずぶと思考が沈んでいくのだった。
そんな風に気を抜いていると、車内ザワザワ。
えっと乗り換え?待ち合わせ?終点のはずだが・・・
さっぱりわからず。ちょっと焦る。
でももういいの。今日はカメラ落としてもお金落としても電車間違えても全然ダメージ受けない気がする。前日に比べたら焦りさえも、他人事のよう。
ええ!もう!なんでもこーい!!

淡水駅


淡水に着いた。
まだ午前中の早い時間なのに、駅前で学生らしき集団が大盛り上がり。
これからゲームが始まる予感。
グループに分かれた若者が静かな朝に蜘蛛の子散らし、道行く人に声をかけまくる。いったいこれは・・・なに?
目を合わせないようにしよう、と河岸へ歩いていくと

バタバタ・・・

あ、足音がー近づいてくるー

と、思うまもなく声をかけられるがまったく意味不明。
ここで、唯一発することのできる中国語を!
「ウォーシーリーベンレンだからコエカケルノマチガッテマース」 (後半はもちろん日本語ですが・・・)

しかし、これが逆効果だったのか、
「リーベンレンリーベンレン」と連呼されたあげく、一緒に写真に納まってくれないかといわれ、見知らぬ若者のカメラに収まっちまいました。
で、この一陣が去った矢先に第二陣!
こら!人を指差ささない!「リーベンレン!」「リーベンレン!」連呼しない!

「えーと、さっき撮ったから。ダメなんじゃないの?別の人探さないと?」ともちろん日本語で話すわけですが、ダメなんじゃなかったらしい。
結局またしても写真を撮られ・・・いったいあれはなんの遊びだったのだろう?謎のまま。

河岸をめざして歩いていく。
どこの店もまだ開く前。どうやら台湾では11時くらいから開くお店が多いようで、そんな時に限って早朝始動のわたしたち。
静かな街をたらりんと進む。

川から海が見える淡水は実は素敵な夕日で有名らしい。きっとロマンチック男女で溢れかえることでしょう。
朝は穏やかに。
釣りをする地元のおじさん。対岸への渡し船。突然、吠え掛かり家人に叱れらる犬(ローラだかメリーだかかわいらしい名前だった)トマソンばりに塀の真ん中を突き破って育っている太い樹の幹。
リハビリ中の傷心には、過ごしやすい空気だった。

淡水

淡水2

淡水3

淡水4


そしてベストスポットに建つスタバには、西の人々がたむろしていてほんとにここはヴェネチアなんですかと・・・
どこの国に来てもそこに交わらないで自分スタイルを通す西の人々の横で胡坐を書いて新聞を読む地元のおじさん。
不思議なスタバ風景。

さらに、海近くまで進むと公園があり、やせっぽちのネコがおどおどと餌を食べていた。
誰かがキャットフードを蒔いたらしい。
公園で戯れる名のある小型犬と塀を隔てた反対での様子に、ああ…がんばるんだよと、脳内涙腺崩壊なのだった。
いつでも、りへい効果にて目に膜が張る準備はできている。

淡水5

淡水猫


とまあ、そんなことを行っていてもお腹は減るもの、九ふんで味をしめた魚丸湯(魚団子のスープ)を可口魚丸にて食す。
ずーっと食べたかった饅頭も食べて、満足満足。

可口魚丸3

可口魚丸

可口魚丸2


駅に向いながら、あたりを散策。起きはじめた店の賑わいと教会の奥の静かな街並み。
どこからか聞こえる鳥の声に姿を探す。

淡水鳥

淡水路地


さて、もうすぐ駅というところで突然後ろから
「あなたたち日本人?」
と、おじいさん。
そうですよーと答えたのに、じゃあね~というようにそのままするりと去っていく。
どうやら淡水では不思議な声かけに出会うようです。

淡水おじい


そして、また台北駅へ。

MRT淡水線

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/529-4bec3a57

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。