犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テンペスト  上 若夏の巻テンペスト 上 若夏の巻
(2008/08/28)
池上 永一

商品詳細を見る


テンペスト 下 花風の巻テンペスト 下 花風の巻
(2008/08/28)
池上 永一

商品詳細を見る


予約を入れて何ヶ月?
図書館でやっと来た本を手に、なのに最初はあまり進まず。
入っていくまでが大変だった。
しかしこれは私が、自分の想像と違っていたことに対して違和感があったから。なんというか、この作品をもっと歴史小説として硬さのあるものだと思い込んでいたのだ。
なので読み始めて???
ずいぶんと、読みやすい文章ですな。

琉球王国第二尚氏王朝末期、運命を背負った子どもが生まれた。天才的頭脳を持つが女であるため勉強することを許されず、男の子を望んだ父には疎まれる。
薩摩藩の侵攻と中国の冊封体勢にはさまれて混迷する国を救いたい、そして子どもが科試に受かり王宮勤めをするのを願う父の期待に応えたい!と、少女が宦官として生きることを決意した・・・

まあ、詳しくはweb角川をみてください→http://www.kadokawa.co.jp/tempest/

難儀していた割にはこれだけ待って借りたのだからと粘って読んでいくうちに、主人公の真鶴(まづる)が孫寧温(そんねいおん)として王宮にあがるあたりから面白くなってきた。

確かに、好機もピンチも結局は主人公の都合がいいように進んでくし、いくらなんでも大人になれば宦官姿はばれると思うの。なにより私はあの主人公に感情移入ができない。
ええ、だって。頭が良くて綺麗で男にも女にも惚れられて・・・なんて、ねぇ?!

しかし、まわりのキャラクターがすごいのだ。
濃い。ものすごく、濃い。
本場の宦官・徐丁垓(じょていがい)は気持ち悪すぎる。
目的には手段を選ばない聞得大君(きこえおおきみ)は、王族神から転落人生。でも、一番魅力的で好き。
宦官であるはずの寧温に想いを募らせひたすら悩める朝薫(ちょうくん)には同情しかり。神童なのにいつでも朝薫が二番手なのもかわいそすぎる。
爽やか薩摩武士朝倉殿は、あ、ありえないくらいカッコイイ。

まあ、もっとたくさん出てくるので詳しくはweb角川をみてください。(人物相関図あり)

確かに読み口は軽い。そしてライトノベルというにはおやじ臭い。
内容はライトノベル「彩雲国物語」と少々かぶるけど、あれははっきりとライトノベル。
では、こちらは装丁うんぬんはおいといて、ライトノベルと呼ぶには何かが違う。
それはきっと琉球の歴史についての裏打ちされた確かさ。作者の知識の豊富さ。
これだけ大風呂敷を広げても、うまくつじつまがあっていくなんてスバラシイ。
琉球の政治家の仕事っぷりを見れば、日本の政治に腹が立ち、
美ともてなしの心を忘れた今を思うと、琉球のすばらしさが際立つ。
なにより作者が琉球を愛しているのだなぁという思いが伝わってきて、それでもなおこの形態で描かれるということはそこに作者の確固たるなにかがあるのだろう。
琉球側から見た日本、薩摩という視点も個人的には新鮮で、沖縄を日本の一部とあたり前のように感じているけれどそれには侵略という歴史があったと改めて気づく。
篤姫が大奥へ行っている頃、薩摩はこんなことしてたんだな。

これ、大河ドラマになりますよ。きっと。
その際は儀間親雲上(ぎまペーチン)は、ぜひミッチーで!
配役考えると楽しくなっちゃうのもこの小説の魅力のひとつ。

読み終わりは爽やかに。
でも、年取ってもあの若さ、美しさの真鶴さんっていったい・・・男の願望だろうか?

琉球に触発されて、こんな関連本まで読んでしまった・・・
琉球紅型琉球紅型
(2005/07)
不明

商品詳細を見る


文庫サイズながら、前頁カラーで紅型の文様が載っている。
特に最初の項目が<琉球王尚氏伝来衣装>おおっ!
あの登場人物たちはこんな衣装をきていたんだなぁ。やはり王家は黄色が似合いますな。
もちろんそれだけでなく<古琉球紅型衣装>や紅型といえば華やかな色を想像するけれど落ち着いた<藍色裂地>なども載っていて、読んだ直後に頭の中にイメージが広がってこれもまた楽しい。

琉球王国のグスク (地図で旅する日本の世界遺産)琉球王国のグスク (地図で旅する日本の世界遺産)
(2008/07)
不明

商品詳細を見る


歴史はもちろん、玉陵(たまうどぅん)や識名園(しきなえん)の写真に、
ここで嗣勇(しゆう)は仕事してたのか、ここで大事な任務を得たのねなんて小説世界を追想できる。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/528-a3fdc759

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。