犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京散歩 目白~人形町の回で、訪れた永青文庫ですが、
図書館でこんな本を発見。

細川家の700年 永青文庫の至宝 (とんぼの本)細川家の700年 永青文庫の至宝 (とんぼの本)
(2008/10)
細川 護煕竹内 順一

商品詳細を見る


細川家と聞いてわたしが思い浮かぶのは細川ガラシャしかいないのですが、
あの元総理大臣細川護煕氏が細川家の末裔ということはみなさんご存知ですよね。
いやはや。綿々とつながる歴史を体感できるってすごいです。
永青文庫はその膨大なる細川家のコレクションを所蔵する財団の正式名称。江戸時代細川家の下屋敷のひとつを使用している。
この本を読むと、収蔵品もともかく細川家の人々の文化への造詣の深さがわかります。
武人でありながら歌人であり茶人であり。
そして博物学に熱心だったという熊本藩6代藩主重賢による動物図譜『毛介綺煥(もうかいきかん)』(p83、84に説明あり)は、機会があったらぜひ拝見したい。
このような歴史が実感できる環境にいたら、
そりゃあ、一国のトップよりも隠遁してろくろをまわしたくなる気持ちも理解できます。
でもそんな方にいていただいたほうが、日本の政治も変わる・・・わけないか。
とにかく、表紙にあるウマ。<加彩灰陶馬>の実物をぜひみてみたいものです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/527-16743718

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。