犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホテルについてまずしなければならないことは、台湾に駐在している親戚さんに連絡を取ることだ。
父方のイトコにあたる方なのだが、6人兄弟の長女と末っ子(父)ということでそのイトコさんは私より父に近い年齢の人。
ここではその方を山さんと呼んでおきましょう。
最近久しぶりに会った折
「torotaちゃん、台湾はいいよぉ。人が温かい!ぜひ遊びに来て欲しい!!」と言われたことがなんとなく旅先に台湾を選んだきっかけなのだ。

これまでそんなに交流もなかったのだけど、行くと決めたのに連絡しないのもなんだし・・・ということで出発前に一報をいれた。
すると「大歓迎だよ!鼎泰豊で小龍包をご馳走するよ。」と返事をいただく。
私の旅行日程は平日。どう考えても忙しいはずなのに・・・
そう。この親戚一家は、非常に「良い人」たちなのである。
きっと至れり尽くせりなんである。
そして、ああ。あたしは保守に見えて革新。
つまり、ノラ猫のごとくあてもなくふらつきたい。小心なココロとは裏腹に、ふらつくことによって何かを発見したい。いや、発見できると信じたいタイプなんであります。
会う日をどこにいれるか、うむうむ。

あ。前置きが長くなりましたが、結局いろいろお世話になってしまうわけです。
そしてその時の私はそれを非常にありがたく思ってしまうわけです。

しかしまだ今はそれに気づいておらず。
とりあえず電話をする。

海外で、電話。
どやってかけるの・・・?

ホテルの電話が通話中(おばさんが激しく長電話)だったので外の公衆電話から試みる。
トルルゥのかわりに不思議な中国語のメロディが!
ああ、音楽にしてるんですね。
そして中国語でなにやら機械が話しており、切れる。
・・・
お金、帰ってこない。
も一度試みる。
同上。

ふむ。
とにかく西門町をふらついてみますかぁ。

ということで、やってきました西門町(シーメンディン)。
っていうか、もういたのでした。
原宿のような街と言われるだけあって、確かに、若い。
若いが日本のとんがった雰囲気とは違って、どことなくアットホーム。
上野っぽい雰囲気もある。
地元の高校生が他愛もないおしゃべりをして夜を過ごす感じ。
その日はそれを上回る人数で、カメラをかまえた観光客とおぼしき中国語を操る人々がいて、
アグレッシブに活動してました。
私たちは相方が前回きた時に食べた麺のお店がこの辺りだ、というのでそのお店<阿宗麺線>や有名だという<台北牛乳大王>を探しつつ
屋台をチラみしたり、看板をみて楽しんだり。

この夜の収穫は、まず台北のワカモノ男子の流行の髪形は<斜め前髪>だということ。
ちょっとおしゃれさんな子はみんな斜めくん。

フルーツを売っている屋台ではミニトマトも売っていてしかも購入者がかなり多いということ。
日本ではトマトは、フルーツとして扱われていないけど、こちらではなにかフルーツとしての食べ方があるのだろうか?

そしてやはり面白かったのが言葉。
まず一番最初に気になった言葉は「代言人」
いろんなポスターの人物の名前と共に書かれている。
「イメージキャラクター」といったところか。
あるジーンズメーカーのポスターには、「高橋」と書いてあった。
男の子のポスターの前を通っては「代言人タカハシ」などと名づけて写真を撮ってるわたしはアホです。
ちなみに、あとで気づいたけど「高橋」っていうのはメーカーの名前のようで、ポスターの子がタカハシっていうのではなかったのでした。
そりゃあそうだよね。日本人ではないみたいだったし。

誠品書店のフロア案内板に書かれた「日系少女服飾」
なんだか、萌えな感じ!

アイスクリームは「一球」「二球」って数えるらしい。

映画「蛍の墓」のポスターは「蛍蟲の墓」

そして台湾牛乳大王とか、「大王」ってつくお店が多いのはなぜ?

なんてふらついていると、犬発見。
しかも・・・ノラプードル?
台湾では飼い犬を放牧傾向にあるとガイドブックに書いてあったけど、
あの犬種。日本じゃ考えられんぞ。
しかも、トイプードルらしいが、その片鱗もうかがえず。
地域のモップと化しているところが愛らしい。

ふらっと一周してコンビニに入る。
セブンイレブンたくさんあります。
入ると、おにぎりある。おでんある。(暑いのになんで?)
そしておでんのゆで卵は殻つきでいいんですね?
キティちゃんのカップラーメンある。
袋に入ったホットドック用パンがあり、その後ろにソーセージが売っていて、
自分で袋を破いてパンにソーセージをはさんでドッグにしろ方式で売っているのだ!

かなり堪能して、だらだらホテルへ戻って気づく。
あ。電話・・・

焦ってかけると今度はつながり「フロントにガイドブックとスイカのように使えるカードを預けてあるから。まず受け取って中を見て」と!!
一気に動揺。イヤハヤ、カタジケナイ。忙しい中お気を使わせてしまってウンヌンカンヌン。
あわあわする私を見て、相方は
「長い付き合いだけど。こんなに同様してるの始めて?なんで平謝り?」と興味津々大笑い。

さて、たいしたこともないまま1日目は終わります。
この夜、何度もかなしばりにあい「ここには何かいる~」と苦しんでいる相方を横目に「あたし、寝る」と宣言した5分後にはゴウゴウ寝ておった。
ちなみにベトナムでは、「寝てるtorotaの上に誰かが見えた!!」ってひょえーってなってる相方に気づかずゴウゴウ寝ていたあたし。
いつでも安眠の法則。

2日目は「自強号に乗る。いいかげんガイドブックを正しく読め!九份でタクシー運ちゃんに翻弄されそしてさようなら」の巻

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/517-b2e4c743

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。