犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
職場で「国宝 阿修羅」展の混み様を話している人がいた。
明日からはあの熱気も消えうせているんだろうな。
と、ずいぶん前にみたことを思い出す。

ぴあの読者プレゼント特別貸切阿修羅展のチケットをあてた人が行かれなくなり・・・
もらったからと友達に誘われて、それなら!と棚ボタ的に見に行った。

いつものホーム興福寺から遷都1300年の宣伝部長として国立博物館へやってきた阿修羅像は
どうなんだろう。
先発隊で国立博物館へきた日光菩薩・月光菩薩は、その見る人を包むような大きさで場所はどこであれゆったりとかまえて堂々としていたが、
か細い手足の阿修羅像、人目にさらされて窮屈な思いをしているのではなかろうか。
そんな風に思っていたので、誘われなかったら行くこともなかっただろう。

以前奈良で聖武天皇と光明皇后のお墓に行ったけど
気をつけていなければ通り過ぎてしまうような静かなお墓だった。
なんにもなくてこんもりした先に鳥がいるだけの本当に良いところだった。
その、光明皇后の発注により作製された阿修羅像。
ずーっと彫刻だと思っていたのが、違ったということにまず驚き。
すでにいろいろな番組でその行程は紹介されているけど、ひと言でいうと漆でできていた。
他の八部衆立像と十大弟子立像も同様。
だからこそ、痛々しいほどに腕が壊れていたりしたのだと思うと、
謎が解けてうれしいような
そんな風にすべてをつまびらかにしてはいけないのではないか?と、反省するような。

しかしそれでも見ずに入られまい。
虎の被り物の構造をじっくり堪能し、トサカの具合をしげしげ。
阿修羅像にいたっては、阿修羅であるのになぜあんなに華奢なのか?
と、しみじみ妄想。
むしろ最初から力が抜きんでているから身体を鍛える必要がないのだという結論で。
怒ったら涼しげに指一本で、ぽいって相手を飛ばしてしまうに違いない。

四天王のコーナーでは、レッドクリフ妄想突入に。
運慶作鎌倉時代の彫り物は男気があってカッコイイ。
服のはためき加減がジョン・ウーだね!
服装が中国的だね!
踏まれている邪気がお茶目でかわいいね!
テンションは上がりまくり。

それなのに
閉館時間のお知らせが流れ~

貸切という特別待遇は空間はあれども時間がないということに気づいたのは
そこでだったんですね。
ええっ!もう終わり!?
まったなしの時間切れで最後は駆け足。
いやはや、時間配分考えないとだめだったのねー。

それでも結果的に目にした阿修羅像は、心配なんてしなくてもまったく問題なしだった。
華奢だろうがなんだろうが、そんなことよりもうちに秘めたパワーは絶大だったんだからね。
いろんな視線を送る人たちを前に、何を想っていたのか聞いてみたい。

10月から始まる興福寺での国宝特別公開、行ってしまおうか。

その時にめずらしく表慶館でも展示をしていることに気がついた。
それが「Story of…カルティエクリエイション めぐり逢う美の記憶」展
いつもライオンの姿を横目で見るだけの表慶館に入りたいなと思いつつ、
ジュエリー?興味ないな。とその気なし。

それが、結局最終日に行ってしまったのだ。
わざわざ一番混んでいる日に行くこともないだろうと思っては見たものの。
こんなの見たら行くしかないでしょ?

タイガーイヤークリップ


タイガーブレスレット


ハガキをお土産にもらったのだった。
こ、こんなジュエリーだったら欲しい。
いや買えやしませんけれど。

既存のアクセサリーの概念吹き飛ばすスゴさがありました。
ちまちましてなくて発想が自由で、かわいらしくて。
ダンディなフランス人が連れの人に説明する、雰囲気ある会話と
おばさま2人の「これっていくらくらい!?あ?ティアラよぉ」っていう会話に挟まれて不思議な気分に陥りました。
ティアラも指輪もなにもかにもステキでしたが、マハラジャの太っ腹ジュエリーには負けるでしょう。
ゆっくり進む列にいいかげんきらめき効果も薄れてきても、
動物ジュエリーははずせません!
さらに、犬、豚、鳥、トラ、ヒョウ、ワニ・・・
<蝶のように舞いハチのように刺す>作戦で並びながら目録で動物アクセをチェック。
バーバラ・ハットンの孤独がなければトラアクセサリーはいなかったし、
マリア・フェリックスの不思議な爬虫類信仰がなければワニアクセはなかった。
本当の金持ちはこうゆうふうに何かを残していくものなんだ。
並ぶジュエリーの後ろに幽霊のように映る映像をみながら、ホンモノの力を思い知らされたのだった。
ホンモノの女優、ホンモノの金持ち、ホンモノのジュエリー。

しかしみなさん、動物の前は「あーかわいー」ってあっさり過ぎていくのですが~
ティアラにはくぎ付けで列動かないのにさあ。

久しぶりに国立博物館をじっくり楽しんだふたつの日。

表慶館ライオン2


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/506-edff096f

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。