犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっとダウナー気味だった時、これなら元気に楽しめるだろう!と勢い込んで観にいった『ヤッターマン』
しかしやっぱり肩透かしされてしまったのだった。
予想はしていたけれどね。

ストーリーはドクロストーンなるものを巡って奪い合うというもの。そこにちょろりと恋も交えて。

三池監督は、どうやらドロンジョ様ご一行を押しているようです。
シーンの多さに加えてそれぞれのキャラクターもきちんとしている。ボヤッキーはドロンジョに惚れまくり、トンズラーは果てしなく食べてる。そして原作よりもちょっとかわいらしいドロンジョ様!
お決まりの踊りとかセリフもあり、オチあり。
すっかりアニメの3人と違和感なく。特に生瀬さん、上手でしたね。
それに反してヤッターマン。
1号はあんなにフラフラしてていいんでしょうか。犬作ってるか、ケンダマで戦ってるか。
2号のことを好きって感じがまったく伝わってこないのですが、大丈夫か。
もちろんこちらも、おきまりのポーズやらありますが、そういったことよりも二人の内面的なものがみえてこない。そうゆうことを求める映画ではないのか?
でも、やはりただ設定どおりに動いてればいいってわけでもないし。
櫻井くんはもっと「ボクの役こんなんで大丈夫?」といった方がいい!
あんな描き方されて、薄いことこの上ない。

そして結局、もっとも戦っているのは犬だということに気づきました。
ヤッターワンって中に人が入らなくても自動で戦うロボットだったのだなあ。
いまさらですが。
<今週のビックリドッキリメカ!>って犬のお腹からちっさなロボットがたくさんでてきて戦うのです。
ええ、がんちゃんあいちゃんまったくいなくてOKだったのです。
それを思うと3人で乗り込んでいるドロンボー一味の姿が心にしみます。
あんなに必死なのに負けちゃうんだなぁ。

結局あまり気持ちは高揚しなかったのですが、がんばってみてみるものです。
後半、犬のお腹から出てきたトビウオとドロンボーメカから出てきたハマチの戦いにひとり大盛り上がりでした。ハマチはブリに出世するんです。
トビウオの目から涙・・・ああ。トビウオ~
とにかくそこがおすすめシーンです。
あ、あと犬の鼻血もちょっとドキドキした。
あ、あと阿部サダヲのひとり芝居も面白かった。
あ、あれ?楽しんでる?

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/505-766122f7

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。