犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
垣根が壊れたと電話があり、朝から実家へいったその日はなんだか近所の人によく会いました。
脱走してはうちの犬のところへよく来ていたテリアのマリちゃんとキャンキャンと鳴きながら散歩をする元気なその息子をつれたおばさん。
トイプードルのねねちゃんを連れたおじさん。
ちょっと、ねねちゃん人見知りするなんて!悲しいぞ。

さて、そこへホストのおばさんが!
(覚えてます?とろたが閉じ込められた物置の持ち主です)
不思議な噂を流していったのだった。

曰く、
「近所に、狸のような姿かたちで獰猛で柿を食べる獣が発生したらしい。
奥のおうちの人のところで捕獲されたけれど、もう1匹いるのではないか。
その獣はつがいで屋根裏に住んでたのよ!」

・・・柿を食べる獣

木に登ってとるのかな。
とすると、ハクビシンとかイタチとか・・・?獰猛・・・?

「その白黒の猫なんて(と言って、とろたを見る。「その猫あたしのこと怖いのよ!」)一発でやられちゃうわよ。どんな獣かは、ネットにものってる。」

って、<柿を食べる獣>で検索するの??
ここらはどんだけ山奥だったんですかね。

そして、もうひとつ。

「近所にいた黒い大きな野良猫が轢かれて死んだのよ。尻尾?短いやつよ!」

でも、とろたの友達(というかアニキ?へこへこくっついていく子分だからね)のクロトンは黒くて大きい野良だけど尻尾は長い。
とろたの下の世代の兄弟も黒いのいるけど、それは大きくないし。
うーん?
というわたしたちの疑問にも構わずに、話は突き進む。

「でね。人間並みにたくさん血がでてたのよー。大きい猫だったからね。
で、その横にこの猫(とろた)が座っててないてるの。」

ええっ。

「猫でもね、ああゆうなきかたされると切ないわよね。
しかも、次の日の深夜もこの猫同じ場所でないてるのよ。」

とろた・・・そんなに情に厚い猫だったのか?
かあちゃん、深夜にとろたいた?と聞くと
自信なさげに
確かにここのところ暖かかったし夜出かけていったけど・・・
でも、そんな悲壮感漂ってなかったよ。
おばさんが言った時間には寝ていたような気もするけれど。

真相は藪の中。

その日は、友を偲んでの夜歩きはなかったそうな。

ちなみにその日<鳥の死骸を発見すること>がわたしの特技と認定された。
そういえば、ハンティングの結果を最初に見るのは常にわたしだった気がする。お弔いも。

以前に比べて鳥を見ても気持ちが動かないようすで、ハンティング体勢に入らないので
最近部活動サボってるね、なんて話していたのだけど
ふと垣根の端に見える。散らばったグレーのものが。
まさに、あれ鳥の羽じゃない?

ということで、さぼり返上。
とろたはちゃんと活動してましたよ。

鳩・・・暴れたんだねぇと片づけていると、おお!かあちゃん、みどりのちっこいのが・・・メジロ。
さらに奥に入ればヒヨドリが~ミイラ~。
鳥インフルになったらどうするの!

そうか、とろた。これは、みじかしっぽのクロトンへの供物なんだね。

昼行灯は仮の姿。これならきっと、不思議な獣にも勝てる・・・はずないか。
一目散に逃げてきな。

コピー ~ 100_0118


みじかしっぽの一族なのだ。ジャパニーズボブテイル、屋根の上を闊歩する。

コメント

死んだ仲間のために、供物をハンティングする男気のトロタ、
いいな~!
犠牲になった鳥さんたちにはお気の毒ですが・・・
ふふふ、ジャパニーズボブテイル、素敵です♪

Re: タイトルなし

>hiroroさん
いつもありがとうございます。
あは。ホントのところはどうなんでしょうね。
男気があるようにはとても見えないのですが、
そんな感じもあるぞということで。

いつも、同じような画像なので、たまには上からショット。
結構気に入っている画像なのです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/486-e781f50d

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。