犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不連続の世界不連続の世界
(2008/07)
恩田 陸

商品詳細を見る


久しぶりに恩田陸。
この人は、いろんなジャンルを書くので結局どこの位置にいるのか掴みづらい。
本格ミステリーというほど強くなく、ホラーと言い切るほど恐ろしくもなく、ファンタジーかと言われれば・・・あ、恩田陸のファンタジーって読んだことあったかなぁ。
「光の帝国」シリーズは好きだけど、あれってファンタジーじゃない、と思う。
恩田陸の書く話には
日常に潜むそこはかとない怖さ、忘れてしまっている記憶の底。
いつも根底にあるテーマはそんな感じがする。

さて、今回の「不連続の世界」もはたしてそんなイメージだった。
さして怖くなく、ミステリーとしてはちょっとぬるい。でも、なんか気になるというような。

「月の裏側」の登場人物・あいまいでつかみどころのない音楽プロデューサー塚崎多聞が各地で遭遇するちょっと謎めいた出来事を解明していく短編連作集。
そうだ、「月の裏側」あれはジャック・フィニイ「盗まれた町」の本歌取りSFでおもしろかった。
(しかし塚崎多聞の名前はまったく記憶から消えていたのでした。)

「木守り男」神田川での不思議体験
「悪魔を憐れむ歌」 奈良ホテルへの「日本が皆こうゆうセンスの国だったらよいのに」に同感
「幻影キネマ」 尾道
「砂丘ピクニック」 植田正治写真美術館
「夜明けのガスパール」 電車内 

やはり最後の「夜明けのガスパール」が一番印象的でしょうか。
なぜならこれまで傍観的立場だった多聞の人間らしい一面を見ることができるのはここだけなので。
全体的にいつもの恩田ワールドだけど、だからこそわたしは消化不良だ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/479-26d705ad

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。