犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宮藤さん、視聴率がいいときも悪いときもいつだって相性がいいのでもう全部観ることにしました!
その気持ちが通じたのか、めずらしくあたったので試写会へ行ってきた。

とにかく、宮藤さんパンク好きなんだなっていうのが最初の感想。
音楽関係の人が多数出演していたり、インタビュー画面と過去映像とのシンクロとか
ライブシーンの熱さに『舞妓Haaaan!!!』より難易度が高くなってる。
出だしからの勢いになかなかついていかれず、
このまま気持ちが入れなかったらどうしよう、と不安を感じたけれど、
中盤から慣れてきて最後はおじさんたちいいなぁ、楽しそうだなぁで、まずまず満足。
ただ全体的にテンションがうわすべりする感はいなめない。ヒイヒイいうほどの笑いもなかったし。
<笑い>でいくというよりは、<パンク>を出したかったのかも。
この映画、好き嫌いわかれるかもしれません。
テーマとしても『舞妓Haaaan!!!』が子どもから大人まで楽しめるとすると、
『少年メリケンサック』はもっと限定される感じがする。
わたしの杞憂に終わることを祈っていますが。

みなさん大体知っているかと思いますが、ストーリーはこんな感じです。

メイプルレコードの派遣社員かんなは、新人発掘担当。ある日、ネットで奇妙に叫ぶ狂うパンクグループの画像を発見する。その名も<少年メリケンサック>。
まずは、ベースのイケメン!
と、契約をするためでかけるとそこにいたのは、どうみても50過ぎのおっさんだった。
しかも呑んだくれで、ゲロまみれ。
・・・なんと映像は25年前のものだったのだ。
途方にくれるかんなをよそに盛り上がる、ベースの元イケメン・アキオ。
「やってやってもいいが、オリジナルメンバーを集めろよ」と、どこまでも上から目線。
しぶしぶギターのハルオに会いに行けば牛の糞にまみれ、ドラムのヤングは痔持ちで立ち叩き
そして現れたヴォーカルのジミーさん・・・ジミーさんは・・・
現実を知らない周囲は大盛り上がり。
気がつけば全国ツアー決定!
どうなる?

俳優っていろんな人を演じ分けられる職業と思っていた。
だけどテレビを見ていてたまに思う。
このドラマとあのドラマ、もちろん役の設定や性格が違うから別の人物を演じているのはわかるのだけど、その俳優の演技に違いがあるのだろうか?
いやもちろん、演じ分けているのだろうけれど・・・
うまくいえないけれど、なんとなく、違いがあるのかな?と思ってしまう時があったりしませんか。

クドカン作品は、きっと演じる人にとっては挑戦で、挑戦できる俳優にとってはとても楽しい現場に違いない。
一見くだらないことやってるんだけど、そこに全力投球!
じゃないとあまりに突拍子もないので観客と距離ができてしまう。

今回、普段はカッコイイ上司の代表みたいな佐藤浩市が、本当に汚いんです。
実はその昔、映画で観て一目惚れしたんですが、二度惚れ。
田口トモロヲも、いい。これは・・・観てとしかいえないけど。
他の人たちもいつもとはどこか違っていて、楽しんで自分に与えられた役をこなしきってたと思う。
(ユースケはユースケだったけど。あ。ピエール瀧もピエール瀧だったなぁ。)

そして、注目株は田辺誠一。
エンドロールで名前が出て、はじめて気づく。
どこ?どこにいた?

・・・あ?あああぁっー!

相方は最初から気づいていたみたいなので、みなさん気づくものかもしれません。
が、わたし、本当に気づきませんでした。
名前を見たら、もう思いつく役はひとつだけだったけど盲点だったです。
むしろ言動を見逃さずに笑いながら観ていたのに。
(一番笑ったのが彼のとこだった。)

やはりメイクのせいかしら。いや、きっと役者の演技の賜物なのだ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/478-0f763972

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。