犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
特に紅葉狩りを狙ったわけではなく、たまたま季節が重なってしまった為に行ってから気がついた。
鎌倉。
めちゃ混み。
そしてまたしても年齢層の高いところへきてしまった。

人が少ないところを考えて、今回のコースは円覚寺→お昼→建長寺→天園コース→鎌倉→余力があれば江ノ電まわりで帰宅。
もちろん鎌倉で力尽きましたが。
そして円覚寺が紅葉で評判のお寺だということも、三門の人だかりを見て初めて気がつく。
うそぉ!

鎌倉9


鎌倉1


鷺を見たことがないのか?というくらい、みなさんカレにクギ付けであった。
彫像のようにぽやーっと立っていたかと思うと、突然ザリガニを食す。
おおっ~とどよめきが。
バリバリごくり。
涼やかな顔で飲み込むが、その細そうな首を通るザリガニ・・・痛そう。

ちなみに、鷺というとある冬に祖父チカゾウが言った言葉を思い出す。
「鴨は(足が赤いのは)寒いんだぁ。(ふと近くにいる鷺をみて)鷺は不味いんだぁ。」
あ、これは鴨がうまいという名言か。

鎌倉2


鎌倉3


お昼は去来庵でビーフシチューを食べ。
さあ建長寺へと行くと、法堂が特別公開していて天井の小泉淳作「雲龍図」を見ることができた。
ちょっと愛嬌のあるところが好きなんです。

建長寺を奥へ進んでいくと長い階段があり、上りきったところにはカラス天狗が大集合の半僧坊へ。
ここが天園ハイキングコースの出発点。

鎌倉4


それにしても昔みた印象ではもっとおどろおどろしく迎えてくれたと記憶していたのに
その日のカラス天狗は日の光を浴びて元気いっぱい。
半僧坊も人で賑わっていて、こんな感じだった??
と、ひとり記憶と格闘する。

鎌倉5


有頂天家族」の赤玉先生もかつてはこのように迫力があったのであろう。

しかし、やはり記憶が・・・うーむ。
展望台から海を見下ろし、こんな景色前見たかなぁ?
「いったい人間の記憶って自分の都合のいいようにしか記憶してないものなんだ!!」
と、やたらと過去の天狗にこだわり(どうしても怖い雰囲気でいて欲しかった)呻く私の声を聞いて
近くにすわっていたおじさんがどうやらしきりにうなずいていたらしい。
しかも笑ってたらしい!


天園コースは、ハイキングの年配の人や子連れで犬の散歩(!)という人たちとすれ違うくらいで
さっきまでの賑やかさが嘘のよう。
やはり人が少ないとふんで選んでよかった。
派手な紅葉はないけれど、樹の隙間から空が見えたり緑の合間の黄色や赤が気持ちいい。

鎌倉6


鎌倉7


1時間40分のコースらしいが、ゆるゆる歩いたので2時間ちょっとかかって瑞泉寺脇のゴールへ。
途中<獅子舞>という場所がちょっと回り道しても立ち寄りたいほどいい場所だということに、後で気づく。
だってガイドブックなんてねー。ちら見だものねー。
確か吉田秋生のマンガにも書いてあったような気がしたのも家に着いてから。
ううぅ。

鎌倉8


出口すぐのところで、こんなものを撮っていたら
通り過ぎる人たちに不思議な顔をされました。
そう。
今回は、やたらとおじさんに笑われた。
こんなの撮ってどうするー?って顔で笑われましたよ。
しょうがない、一緒に笑ってしまえ!

そのまま鶴岡八幡宮まで歩き、さすがに疲れたので小町通でお茶を飲み、
初めて鎌倉カスターを買い、井上蒲鉾ではんぺん買って、おうちへ帰りました。

なかなかよい11月最後の休日であった。

今はもう紅葉も終わりに近くなっているのかな。
まだ賑わっているのだろうか。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/461-7b4e97e1

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。