犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
横になっている祖父の布団の上に着物や杖を置き、これは三途の川を渡るのに必要なのだと教えてくれたのは、たぶん葬儀屋さん。
特に扱いがひどいとか、心がこもってないと憤慨したわけでもないけれど、
その手馴れた様子に「流れ作業だなぁ」と感じた。

モントリオール世界映画祭でグランプリを取って、じんわりロングランを続けている『おくりびと』
本木雅弘弘演じる主人公は、長年の夢を実現させてオーケストラのチェリストとして活動し始めたばかりという時に、突然楽団が解散。
空しく残る高級チェロ。
ああ・・・田舎へ帰ろう。
と、広末涼子演じる妻と共に実家のある山形へ帰省する。
就職案内を見て訪れたNKエージェントという会社のうさんくさい社長のペースに巻き込まれ
どんな仕事かもわからないまま納棺の仕事をすることに。
そして社長の気持ちをこめた”旅立ちのお手伝い”を見るうちに真の納棺師となっていく。
というはなし。

父は幼い頃に女と消え、母はすでにいない。
父への恨みとも寂しさともつかない気持ちと、母をひとりで逝かせてしまった思いがいつも主人公の心にあるのだろうか。
だけどそれも仕方がないこと、と達観している主人公をユーモアをこめてモックンが演じる。
この方、安心してみていられる俳優さんです。

さて納棺師とは、この映画では葬儀屋のさらに下請けにあたり亡くなった方の体を清めて化粧をし最後に家族がお別れをする準備を整える仕事をする人です。
うちの祖父母の時はそのような人はいなかったから、これは東北地方特有の仕事なのか。
それともうちの地域では消滅してしまった職業なのか。
どちらにしろ、こんなに丁寧に美しくしてもらえた人は幸せな最後だろうと思う。
と聞くと、なんだか和やかで落ち着いたお葬式を想像するだろうけれど
現実の死を想像してみてください。
いがみ合いの中のお葬式、悲しみで怒り出す家族、孤独死の遺体、自殺した人など
いろいろです。
納棺師も大変です。
だからこそ高給をもらえるのだけど、そこだけをみて「金のためにやる汚い仕事」と思う人もいる。
死は誰にでもおこることなのに。

ところで、山形いいです。
主人公の友人の実家が経営する銭湯や会社の温室もとてもよい。
古くて暖かい、ロケーションが最高なのです。
ロケハン楽しかったでしょうねぇ。
自然の中でチェロを弾くシーンは、気持ちがよさそうで一緒に風の中でゆったり。
山が近くにあるというのは、人の心を落ち着かせそうだな。

いくつもの死と出会って、主人公自身も自分の過去と向き合い新しい自分になっていく。
死は悲しいけれど、きちんとその死と向き合ったなら乗り越えていかれるはずなのだ。

滝田洋二郎監督作品
本木雅弘・広末涼子・山崎努・余貴美子

さて私のもうひとりの祖父のお葬式では、
遺影を見ては泣く→久しぶりに会えたね!と喜び笑う→式でまた泣く→夜は酒盛りで笑う→おじいちゃーん泣く→・・・
を親族みんなで繰り返し。
最終的には、「おじいさんがみんなを会わせてくれたんだね。」といって、盛り上がる。
そのみなさんの感情の起伏を呆然と見ていたお子様の頃の私ですが
その後のもう片方の祖父&祖母の式を経験し、大往生のお葬式には悲しい別れだけではない
何か味わい深いものがあり、実は結婚式より楽しいかも。

コメント

今年、北海道の祖父を亡くしたけど「納棺師さん」来たよ~
呼び名は「湯灌(ゆかん)師さん」だったかな。
祖父の前に亡くなった祖母の湯灌師さんがとても丁寧で、
祖母にお化粧してくれる際、祖母に似合う口紅の色を親族に
選ばせてくれたりしましたよ。
最期、きれいにお化粧した祖母を見て、みんな大号泣でした。
本当にありがたかったです。

>さくらさん
とてもいいお式になったでしょうね。
やさしい対応をしていただけると、親族としては本当にうれしいもの。
それにしても納棺師という仕事は、きっと地域によって呼び方が違うんだね。
北の方に多い仕事なのかなぁ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/458-982b2ec2

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。