犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
語学が堪能ではない人にとって翻訳ソフトは画期的だったのだろうな。
便利だし。
でもそもそも機械が訳すってどうなんだろう。
微妙なニュアンスとか日本独特の名前とか。
そんな疑問はこの本を読んで吹っ飛んだ。
これを読んで笑わずにいられる日本人がいるものか。

匂いをかがれる かぐや姫 ~日本昔話 Remix~匂いをかがれる かぐや姫 ~日本昔話 Remix~
(2006/11/22)
原 倫太郎原 游

商品詳細を見る


これは、日本の昔話を翻訳ソフトで自動に英訳→それを再度翻訳ソフトで日本語に戻す。
という作業の元出来上がったネオ日本昔話。
あ、日本昔話Remix、です。
翻訳ソフトが正確ならば、正しい物語が紡がれているはず。

がっ!

これが笑わずにはいられない、ぶっ飛び和訳の誕生なのである。
(ちょっとルー英語に近いかも)

そもそもタイトルが

一寸法師→A little,law mentor→少量法律助言者
かぐや姫→As soon as it smelled,princess→匂いをかがれるとすぐに、プリンセス
桃太郎→Peach Taro→桃タロイモ

ぶらぶら、トンカラリン、どんぶらこっこなどの擬態語も、苦悩のあとが忍ばれる。
ブラジャーブラジャー、トン・キャロライン、上司ブラコッコって、それはなんだ!

なんでなんで?!どうしてそこがそうなる?
と、じっくり英訳を読んでしまい、あら?もしかしたら英語の勉強にもなったりして。
正しいかは置いといて。

先ごろ第二弾も発売されたので、読まなければ。

背面ストライプの浦島太郎 日本昔話Remix2背面ストライプの浦島太郎 日本昔話Remix2
(2008/11/20)
原 倫太郎

商品詳細を見る


お気に入りの言葉は数あれど、今の気分はこれかな。

桃タロイモに成敗された怪物のチーフのひと言
「ちょっと人生に関しては、ヘルプ」

コメント

 初めて機械翻訳の記事を読んだときのことは、あまりの迷訳で今だに忘れられません。
→「アメリカの秘書ジェームスパン屋が話すには・・・」って言われてもどんなパン屋だよって思ったっすよ(爆)。固有名詞だから訳すのに困らないはずだと思うんですけど、翻訳ソフトにとっては固有名詞は鬼門なのかもしれませんねー。

>NGさん
固有名詞は、あらかじめ覚えさせておけばよいような気がするんですけどね。
難しいのかなあ。
有名人ならなおさら!
でも、クスリと笑える楽しみはあります。真剣に翻訳を求めている人はイラつくかもしれませんけれど。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/450-8e729ade

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。