犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金は貯まらねど埃はたまり、色ごとに疎いのに虫はつく。

気がつけば玄関のわきに蜘蛛が棲みついてしまった。
大きさは本体が親指の第一関節くらい。足をいれたらもっと大きい。
しかし、でかっというほどではなくほっそりしている。
それでもそこそこの大きさの蜘蛛が玄関番しているというのは、さすがに焦る。
そしてなにより玄関に蜘蛛の巣が張ってるなんて貧乏臭さ満点なことこのうえない。
しかもその蜘蛛は不器用なのか、作成している巣がまったく美しくできていない。
霧吹きで水滴をつけても、なんだかパッとしない。
かといってせっかく作ったお家を壊すのも忍びないし。
まあ、ドアのわきといってもかなり上だし、しょうがないかと共存することにしてみた。

クモ子


それ以来、朝ドアを開けるとき家に帰って来た時、いつもクモコを確認する。
なぜならクモコの家は増築自由だからなのだ!

敷地を間借りしているにもかかわらず、ここから上ならいてもよし、と伝えた範囲を超えて勝手に増築してしまうのだ。
クモコよー、キミのおうちはハンモックなのかー?
というくらい立体的だ。
こちらは罪悪感に苛まれつつ、彼女の家が下の手摺までに及んでいると、さすがにそこまではダメでしょ、と下の糸をビニール傘で切るのである。
ここより上だったらこんなことにならないんだよ。
そのたんびに風にふかれてぷわぷわ~と上方へゆくクモコ。

それにしても蜘蛛というのは、餌を捕まえたらすぐに食べるわけではないようだ。
ひっかかっているのにいつまで経っても手付かずの哀れな虫たち。
干してるのか?
きっと捕まえた(勝手にひっかかった?)もののおいしくないから放ってあるのだと思う。

大抵仕事から帰ると増築されているので、帰宅時には常に手摺をチェック。
よしよし。最近は大人しくしてるな。

と、雨が続いたある朝ドアを開けると



なんと、超立体型住居が発生。
まるで罠のように、玄関をあけると目の前に蜘蛛の糸があった。
わたしを捕まえたいのか?

・・・クモコよ。
そこまでされると困っちゃうのだよ。

ということで、大々的に撤去をした結果、風に吹かれて今度こそぴゅ~っと去っていった。

まあ蜘蛛だから、どこかで元気にしてると思う。
それにしてもなんで5階になんて棲もうと思ったのか。
たいしておいしそうな餌も飛んでこないだろうに。
(だから増築して餌確保に励んでいたのだと思う。)
今度は木の枝にでも張って、雨の日には上手な作品を見せてください。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/448-aa82664f

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。