犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フェルメールというと、盛り上がっていたのは少し前のような気がする。
確か前にも大きな展覧会やっていたような。
好きな人多いのですね。
と、いうコメントでさして興味がないのがわかってしまったでしょうか。

しかし誘われたのでたまには行ってみようと出かけてみた。
誘った方もさしてフェルメールのファンでもなく、
何の絵が来ているのかもよくわからずに金曜の夜に待ち合わせ。
その日は確か台風が来るとか来ないとか言っていたからか、夜だったからか
フェルメールにしては空いていたんだと思う。

たまには有名な絵も見てみないとねーなんて言いながら、いざ中へ!

これがかなり面白かったんですね。

まず、オランダのデルフトという街を拠点としている作家の作品が並ぶ。
さすがオランダ。建築で有名なだけあって、描かれている風景も
<どこから見たらこうなるか><こう描いたらどう見えるか>といった理性的な視点が強いように思う。
ちょっとした視覚トリックのようで絵について素養がない私にしたら、こうゆう視点の方が楽しい。
同じ時計台を描いた2枚を見比べて違いを探したり。
そしてなにより注目すべき点は、1枚目の絵からどの画家の絵にもほぼ犬がいる。
しかも、ちいさく。
それも大きな犬が、スラッとした細身で愛嬌よりも美しさといったような
その全部が全部、放し飼い。
教会の中なのにあんなに犬たち走り回ってて大丈夫なのか、
犬嫌いな人が遭遇したら慄くだろうなと心配してしまった。
こんなに犬に寛大な国だなんて。
オランダラブ。

しかしフェルメールはまだでてこない。

続くデ・ホーホの作品群。
光の具合、人物の配置、構図。
きっとそうゆうことをきっちりと理解できていたらもっと興味が深くなったのだろう。
もちろん私なりに、感じるところはあったのですが。
しかし私たち二人。
説明を読んでお互いに話し合うが、説明がなければ気づかないといったていたらく。
それよりもむしろ「なぜ市庁舎の中に犬が整然とたたずんでいるのか」
これだけでどこまでもいけます。
そして、もうひとつの疑問。
ホーホ先生はなぜ<支払い>の絵など描いたのか。
しかもいつも払うのは男。払われるのは女。
その頃のオランダでは飲み屋(じゃないのかな)の主人は女性が一般的だったのだろうか。
世の中のむしろ美しいとはいえないシーンを表した絵でありながら、
対照的にその絵は衣装の飾り、絵の細部まで丁寧で綺麗だった。

2枚の<女主人への支払い>と題した作品を見比べながら
「こっちの男はもう焦ってるね。女主人も何が何でも取り立てる気だし。
こっちはちょっと余裕あるんじゃない?」
なんて、ここでも大盛り上がり。
デ・ホーホ先生ラブ。

階段を上ってやっとフェルメール登場。

飲んだくれて借金だらけ、パン屋にもつけがあったんだよね。
なんて考えるとそんな人がなぜこのように美しいものを描けるのか不思議だ。
小さい作品が多いということは知っていたので、驚きはしなかったけど、それにしても小さい。
大きい部類にはいる作品「ディアナとニンフたち」、フェルメールが神話をテーマに描いた現存する唯一の作品とのことだが、ここに犬が登場する。
絵の左下にいる犬。
触ったらふわっふわなんだろうなぁと思わせるくらいの柔らかな毛並み。
さすがフェルメールだ!
ひとしきりふたりでフェルメールの犬について褒め称える。

フェルメールを過ぎ、どうやらのんびりしすぎたことに気づく。
もうすぐ閉館、と追い立てられながらその後の作品をさらっと。

どうなんですか?
フェルメールに影響されて・・・という作品が多かったけれど、フェルメール本人のあとに展示されてしまうと彼らもちょっと悲しいかも。
「フェルメールの真似するなら、支払いの絵を描いたほうがいい」
これが私たちの結論です。
(すみません好き勝手です。)

楽しかったなぁ。

東京都美術館 12月14日まで

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/442-c2ad8069

-

管理人の承認後に表示されます

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。