犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新感線☆RS『メタルマクベス』を見る。
ああ、これにてゲキXシネ行脚も終了だ。
なんだか、悲しい。というか、もっと新しいのやって。
『吉原御免状』とか見たいのです、わたし。

さて今回は劇団☆新感線初のシェイクスピア。脚本は宮藤官九郎。主役のマクベスにあたるランダムスターを内野聖陽(”まさあき”とお読みするのです)、ランダムスター夫人を松たか子。
そして、へヴィメタでマクベスをやるという・・・

時は2206年。
争いばかりが続く世界で、混沌と荒涼としている未来。
レスポール率いる軍のランダムスター将軍は、ギターのような武器を携え快進撃を続けている。
戦いを終え城へ帰ろうとするその時、3人の怪しい婆が現れ「お前は王になる男」詳しくはこれを見ろとCDなるものを手渡す。
なんとそれは1980年代のへヴィメタバンド『メタルマクベス』のCDだった。
こ、これにうつっているマクベス内野って俺に似ている!
かくして、ランダムスター=マクベス内野と過去と未来を行き来して、小心者の男が面白おかしくそして孤独に破滅していく。

クドカン作品との相性はいいので、安心して笑って笑って笑って!
舞台での内野さんはテレビより2割増しで熱い人だった。
こんな顔してしまっていいのですか!こんな格好してしまっていいのですか?
なんだか妙に服がスケスケです!!
こちらが心配するくらいおもしろい。
そしてヘヴィメタを歌う姿もすばらしい。
まじめな顔して、「キレイは汚い、ただし俺以外♪」

もちろん歌詞はクドカン。
「リンスはお湯に溶かして使え」「あの娘のブーツは豚の耳の匂い」
気になるでしょう。

松たか子の毒っぽさも、森山未来の親の七光り演歌もよかったが
個人的には北村有起哉の舞台姿を見られてよかった。
演じる役によって自在に自分を変えていく気になる人だったのです。
線の細い肩に狼の刺青もステキだ。

今回の不幸なケモノは・・・ランダムスター夫人の瞬殺。
最初の一発目はビビって「うぉおおっ」と一人呻ってしまった。
あまりのすばやい殺っぷりで。
さよーなら、猫。さよーならー、かの有名なレッサーパンダくん。うるるー。
でもあれは、よけられない。

クドカンはシェイクスピアの世界を自分の中で上手に熟成させている。
どうしたらあんなこと思いつくのだか。
それでも見ていると以外にも原作に忠実で驚く。
そしてそれがまったく不自然じゃあない。
「二人とも悪事にかけてはまだ青いな」などのセリフ、”女の股から生まれた男には殺されない”のオチ。
シェイクスピアっておもしろい脚本を書いてたんだなぁ。
と、いまさらながらに実感。

家にかえって松岡和子訳「マクベス」を熟読してしまった。

ゲキXシネ恒例の挨拶アナウンスは・・・冠くんでした。
はて?冠くんとは?
と、思っていたら、舞台で王様付きの歌歌いとして熱唱する声に感服。
でも・・・やっぱり内野さんがよかったのだ。
もうすでにわたしの癒やしとなっている、この「あなたの・・・」
内野さんだったらノリノリでやってくれたに違いないのに。ああ、残念。

シェイクスピア全集 (3) マクベスシェイクスピア全集 (3) マクベス
(1996/12)
W. シェイクスピア

商品詳細を見る

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/432-1f504348

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。