犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
くるりファンの友人から、京都音楽博覧会へ行かないかと誘われたのはもう何ヶ月も前。
それならば前後に京都観光もつけて行きましょうかと、いざ何年ぶりかの京都へ。
音博と京都タワーと東本願寺が希望という友人は、それ以外の予定は決めていいよと行ってくれたけれど、
実は京都ってあまりにメジャーすぎて手が出なかった。
奈良に比べると、仏像というよりはお寺(さらにいうと庭園)が見所ということと、
ステキなカフェやごはん屋さん、伝統的なお店がたくさんあるということ。
ガイドブックを見ればあれもこれもと目移りし放題。
が、しかし。
このガイドブック情報が失敗の元であったのだ。
旅の希望的観測を言えば、ふらふらしていたらとっても面白いお店に場所に出来事にあった。
というのが望ましい。
もちろんガイドブックを読まないことはないけれど、それに踊らされては元も子もない。
なのに京都。
ガイドも情報も豊富すぎるのである。
見ればついついその先も、ああその先もその先も。
結果ほとんどうろ覚えということに・・・
名前がわかっても住所がわからない、地図を見てもあのお店の情報は違うガイドブックに載っていた。

まず、一番行ってみたいところを決めよう。
そうだ京都文学散歩<森見登美彦編>ということで、銀閣寺・哲学の道・琵琶湖の疎水・南禅寺といこうじゃないか!

地図よれよれににぎりしめ、あっちへこっちへゴハン難民と化した2泊3日。

その1日目はこんな感じ。

早朝の新幹線に乗り、眠るつもりが着いた後が未計画の為眠れない。
地図に書き写した字が読み取れなかったのは、睡眠不足が原因です。
まず着くと、その斬新な京都駅外観にびっくり。
こりゃあ賛否、いや否否?あったはずだ。
新しい施設ができるのはいいし、便利になるのもいいけれど。
もうちょっとなんとかならないもんでしょうかね。と、古いもの好きはブツブツ。

京都タワー

曇りの中の京都タワー。
展望台では双眼鏡見放題です!!無料で京都の四方八方見られる。
あちらに清水寺、東福寺・・・などと探しているうちに、京都気分になってきた。

京都たわわ

東京タワーはノッポン。京都タワーにはたわわちゃん。

京都タワー四神

通天閣、梅田スカイビル、京都タワー、神戸ポートタワーの京阪神の4つのタワービルの合体だ。
かわいい。が、もうちょっとかわいいピンズがいいなぁ。
他にもストラップでゴッド八橋(だったか?)金閣Gとか笑える名前のキャラクターがいてうけた。
さすが関西。

京都錦市場いけまさ

錦市場の青果店池政の奥が飲食スペースになっていて、季節のおばんざいをいただける。
やっとたどり着いてランチ。
京野菜の独特の風味が口に広がります。
でも本当にお店の一角なので、雑誌を見て想像していたイメージとは違って面食らった。

京都銀閣寺窓

ここまでかなり疲れてた。
着いたらなんと、銀閣修復中・・・
銀閣寺なのに。
なのでじっくりと銀沙灘(ぎんしゃだん。砂の山みたいなもの)を見る。美しく描かれた砂を見る。
韓国人旅行者大群に挟まれ、難儀する。
みんな本堂の縁台に座ってもいいんですか?
窓の桟がひょうたん型でかわいらしい。

京都銀閣寺コケ

銀閣寺には大切なコケとちょっと邪魔なコケと邪魔なコケがあるってことがよくわかりました。
ここかなりお気に入り。

京都銀閣寺滝

池に必ず小銭投げる人いるよね?

京都哲学の道猫

銀閣を後に、とりあえず喉を潤したい。
ああなんだかわたしたちふらふらだ~。と哲学の道を歩き出すとあるお宅の屋根で猫2匹。
元気の素なのだ。
カメラ握りしめ近寄るのだ。

京都ようじや1

銀閣寺から哲学の道の端を10とちょっと数えたところにあぶらとり紙で有名な<よーじや>のカフェがある。
手広くやっている感じがしていたのであまり期待してなかったのだけど、
これがとってもよい。
疲れていたから?
いいえ、この贅沢空間をみよ!

京都ようじや2

抹茶カプチーノには、よーじやさんの顔が描かれていた。
飲んだらどんな顔になるかと思いきや、とても上品に消えていきました。
ワタクシは普通のカフェラテを注文。
これが胃に染み渡るおいしさ。やっぱり、休憩って大切だ。

京都哲学の道猫2

哲学の道には猫があちこちにいる。
すごく小さくて母猫とはぐれたのか心配になるようなのから、人間にすりよってくるものまで。
それにしても人通りが少ない。
なのに猫を撮っているとどこからともなく誰かきて、遠慮している私よりもずんずん近づいて携帯をかざすのだ。
あのね、猫を写すにも礼儀ってものがあるんですよ~。
少しずつ了解を取って近づかなきゃならんのです。
ああ、嫌がってあっちに行っちゃったよ。
その先のベンチの上は友達猫か。

京都哲学の道先猫

永観堂の付近で、屋根で一発触発見合っている猫。
奥の室外機の上に相手がいるのだが、2匹してこっちをロックオン。
ごめんよと1枚。

結局、南禅寺に着いたのが17時近く。
今日は無理だが、これで南禅寺を見たとはいえないだろうと最終日に再び来ることにする。
一番近い京都市美術館前のバス停まで歩き、路線がわからず平安神宮の巨大鳥居の前を行ったりきたり。
京都駅ロッカーで荷物を拾い、旅行パックに着いていたタクシー券を使って宿泊先へ。


コメント

京都に行ったんだね。

岩合さんのような猫写真がいっぱいだ~

>みぞさん
コメントありがとうございます!
京都行ったデスよ~。はい。
しかし岩合さんみたいなんて言ったらダメですよ。
全然、猫ってだけですから。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/425-8374a085

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。