犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界で一番有名なネズミがあれだとして、日本で一番有名なネズミはこの2匹じゃないだろうか。

「ぼくらの名前は、ぐりとぐら~♪
この世で一番すきなのはお料理すること、たべること。」(「ぐりとぐら」より)

この2匹のネズミを生み出した姉妹のひとり、絵担当の山脇百合子原画展をうらわ美術館でやっている。
そんなに絵本に思いいれの強い方ではないが、「ぐりとぐら」「いやいやえん」「もりのへなそうる」「そらいろのたね」・・・これははずせない。

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)
(1967/01/20)
なかがわ りえこ

商品詳細を見る


あのフライパンいっぱいの黄色いカステラ。
動物みんなでちぎって食べるのは、本当においしそう。
たぶん山脇さん自身が食べることが大好きなのではないでしょうか。
みんなで食べるシーンでは大抵、少しずつたくさんの種類の食べ物がところ狭しと描かれている。
大きな動物なら大きい食べ物をバーンと口にしそうなものなのに、この世界ではみんなと同じ。
それをパクパクパクパク食べる。

青がぐり、赤がぐら。
野ねずみの兄弟だったんですねぇ。
あんまり考えたことなかった。


展覧会ポスターを見てから、特にへなそうる愛が復活してしまい、あのちょっとゆるいいきものが間違えた言葉はなんだったろう?と何日も頭をかけめぐる。
そのたびに「とうもころし」という言葉が浮かび、ああ!それはトトロのめいちゃんだから!と自分につっこみ。
会場で確認してすっきり爽快してきた。実家にも図書館にも本はあったはずなのに・・・

もりのへなそうるもりのへなそうる
(1971/12)
わたなべ しげおやまわき ゆりこ

商品詳細を見る


てつたくんとみつやくんが、お弁当を持って森に探検に行くと、不思議なタガモ(たまご)を発見。
また次に行くと、タガモはなくって、そこには変なかいじゅう(なのか?)がいて「たがもは知らない。ぼか、へなそうる」と自己紹介。
くーっ。かわいいやつー。
子どもの頃はそこのところより、”薄く切ったいちごをのせてハチミツをかけたサンドイッチ”に心奪われていましたが。

年代を追って原画をみていくと、ぐりとぐらも少しふっくらと肥えられたようす。食生活の潤いがお顔に出たのかしら?
最近のものは読んでいないけれど、やっぱり読み継がれていく絵本というのはいいな。
美術館ではあるけれど、子どもたちが楽しげにわいわいとしているのも山脇百合子の絵本ならではという気がする。

会場外には青と赤の帽子があって、ぐりぐら絵本の表紙みたいに撮影ができる。
(青のほうがとんがり部分が長いのです。知らなかった!)
お子さんたちいっぱい撮ってました。
いつの子が読んでも、子どもが好きなものは好きなんだ。

さて本を読んだその後は、食べてみたいもの。

e mook『絵本からうまれたおいしいレシピ ~絵本とお菓子の幸せな関係~』 (e‐MOOK)e mook『絵本からうまれたおいしいレシピ ~絵本とお菓子の幸せな関係~』 (e‐MOOK)
(2005/04/28)
きむら かよ晶子

商品詳細を見る

まあ、実際の絵本の味は読んだ人それぞれの想像の中にあるものだけど。

コメント

行けんかったぁ~
この美術展絶対行くって思ってたのに・・・
ぐりぐらのカステラは、一度食べてみたいって思ってます。
絵本の中の食べ物ってどうしてこうおいしそうなんだろうってこの前話してたんです。きっと想像で一番おいしいものを思い浮かべるからなんだろうね。。

>あいんさん
残念でした。きっと、姫ちゃんも楽しめたと思うよ。
またどこかでやるといいね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/421-dc30785c

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。