犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
31日で終わってしまう!と、半ば焦り気味で「丸木スマ展」に行ってきた。
JR北浦和駅西口を出てまっすぐ、公園の中に埼玉県立近代美術館がある。
都内では美術館も乱立して経営的にもいろいろ大変なんだろうなと思うけど、ここは埼玉県立だからかのんびりした雰囲気でよい。
子どもは中学生まで無料だったり、様々な椅子の収集に力を入れているようでしかもその一風変わった椅子たちがそこかしこに置いてあって、ご自由にどうぞとお尻に誘いをかけてきたりするのである。

丸木スマは70歳を過ぎてやっと働く必要がなくなり、そこから初めて筆をとった画家。
81歳でなくなるまで精力的に絵を描いてきた。
なんといっても、<絵を描くのが楽しくて、死にたくなくなった>くらい。
色使いがステキで、なんだかマティスみたいだなぁと思っていたらご本人もマティスの絵を見て自分に似ていると話していたそうだ。

ああ、これは才能なのだろう。
正しい構図やら基礎やらそういったことはなしにして、そのもののように描けないのないのだから自分流に描いてしまう。
それがまるで子どもが描くような純粋で奔放で頭が凝り固まっていない絵になる。
カチンコチンで感じるより考えてしまうの私は、羨ましくて仕方ない。
赤ちゃんから始まって、老人になるとまた赤子のようになるというけれど、それでもその無邪気さの中には長年の体験が詰まっている。やはりそれは、子どもの絵のようでいて子どもの絵ではないのだ。
スマさんの絵には、おおらかな力強さがあるのだと思う。

たくさんでてくるいきものたち。
いきいきと描かれているそれらに比べて、人間はたどたどしい。
遠くから絵を眺めると、パッといきものは目に入ってくるのに人間はそっと目立たない。
野菜より人間の方が小さいのだから!
動物に比べて人間がどうだ、とかいうわけではなく。
日常的に人間が自然とその土地に溶け込んでいるということを体感していたからこそなのではないだろうか。

熊谷守一の技術に裏打ちされたシンプルさもよいけど、はじけたおばあちゃん画家もまたよしでした。
(どちらにせよ、動物がかわいい。)
タイトルがまた印象的で、例えばチケットに描かれている猫の絵。
ごはんを囲んでいる猫を上から見下ろしている構図。そして、そのタイトルは<めし>・・・

それに明治の人は強くもある。
「評価が高いのは画家である息子夫婦が手直しをしているからだ」と言われ、見返すように自分自身で手作り企画展を開いてしまう!
そのポスターがまたすごく面白いので、ぜひ見てください。(あと4日で終わってしまうけど・・・)
そんな彼女が殺されてしまうというのは、やっぱり理不尽だ。

ふと、思う。
宮崎駿は「ぽにょ」を5歳児のために描いたようだけど、きっと<老人こども>にも受け入れられるのじゃないかな。
賛否両論でているとか、理屈で考えようとすると楽しめないとか、そんな話が聞こえてはくる。
理屈で考えるのではなく感覚で楽しむ。
それって本当にむずかしい。
だから「ぽにょ」を見てつまらなかったら、とてもつまらない人間だという烙印を押されてしまうようで偏屈娘は足踏みしてしまうのです。
でも、そんなこと考えることがすでに間違っているんだね。
まあ、単なる映画なわけですし。

スマさんが見たらきっとただ楽しんでみるのだろうな。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/420-91b6626d

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。