犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月3日付け朝日新聞によると、
談春の一席目「慶安太平記」は「善達の旅立ち」という部分、そして続きの「吉田の焼き打ち」を談志へバトンタッチするリレー落語となるはずだったそうだ。
この形式は、以前からおこなわれていたらしい。
そんなことも何も知らず。
「慶安太平記」っていうのは、こんな中途半端なところで終わるなんて不思議な話だなぁって思ってました。
「善達の旅立ち」の最後が、暗闇で男がふたり、さあさあこれから死闘を繰り広げるぞ!
というところで終わったので、続きが聞いてみたくて困ってしまう。

元は河竹黙阿弥作の歌舞伎の演目で、講談でも話されるそうだ。
そして登場人物の中に松平伊豆守の名前が。
ということは徳川家光の時代の話ということなのか。

彼には先日ゲキXシネ『SHIROH』でお目にかかったばかりなり。
こうやって知っていることがつながっていくとなんだかうれしい。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/404-5a12285b

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。