犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
盆栽がおじいさんの趣味といわれていたのは、はるか昔。
今では豆盆栽やらマン盆栽やらかわいらしいと人気です。
そしてわたしは昔からそうゆう小さき植物が大好きなのだ。
マン盆栽は、まあちょっとやりすぎかなという気がしないでもない。
むしろ普通の、しかも草盆栽っぽいのがいい。

ベトナムに伝統的盆栽がある。
その名も”ホンノンボ”。
そしてホンノンボは伝統的マン盆栽なのだ。
石で作られた中国の伝統的人物(道教のながれらしい)などを好きなように配置。
それが非常にかわいらし。

ということをベトナムから帰ってきて知り、しかもそれがしつこいタクシーの運ちゃんが連れてってあげるよーと言っていたチョロン地区の寺院にあることを知り!
ええー、行けばよかった。
と激しく後悔しています。
さらに、行きたいなぁと思いつつ行かれなかった動植物園にも盆栽があったらしい!
えええっー。
以下同文。

いいんです。
また行くから、ベトナム。
縦断してやる。

ホンノンボ―ふしぎ盆栽ホンノンボ―ふしぎ盆栽
(2007/03)
宮田 珠己

商品詳細を見る


これを読むと、盆栽が世界を緻密に作り上げようとより小さく完璧なものをめざしているのに対し
ホンノンボは同じような形でありながらおおらかさというか適当というか、暢気な感じをうける。
なんとなくそれぞれのお国柄が透けて見えるようでおもしろい。

さて、ベトナムに行った時に大活躍したのがこの本。

ベトナムめし楽食大図鑑ベトナムめし楽食大図鑑
(2006/07)
伊藤 忍福井 隆也

商品詳細を見る


一般的なガイドとは一味違った食べ物ガイドで、ひとつひとつの説明と名前、発音がわかって
読みやすい。
地域による違いやマナー、昼だったらここ夜だったらあそこなど、見ているだけでお腹がぐぅぐぅ。
難点は索引と地図がみづらいこと。
しかし長所は短所を覆うほどあるので、ベトナムへ行こうという人はぜひ一度ご拝読あれ。

そして、笑えるベトナム旅行記と言えばこれ。

ベトナムよちよち歩きベトナムよちよち歩き
(2003/03)
菅野 彰雁 須磨子

商品詳細を見る


さすが菅野彰と仲間たち!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/391-c9808125

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。