犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
動物写真といえば<岩合さん>
しかし
毎年売ってる、犬猫カレンダーがあまりにも色が鮮やか過ぎて「これは合成なんじゃないの」なんてうがった見方をしてみたり。
モデルの犬猫が決まりすぎてて、嘘くさいと思ってみたり。
知名度があがればあがるほど、反比例していったのだけど
ある日実家に置いてあった「きょうも、いいネコに出会えた」を読んで、自分が妙に偏った見方をしていたことに気づき、「ネコを撮る」を読んだ時にはもう「うきゃー、なんとすごい人だったんだ!」と心を入れ替えた。
いやはや、動物撮影に対する姿勢はサバンナも日本も変わらない。
感服です。

きょうも、いいネコに出会えた (新潮文庫)きょうも、いいネコに出会えた (新潮文庫)
(2006/03)
岩合 光昭

商品詳細を見る


ネコを撮る (朝日新書 33) (朝日新書)ネコを撮る (朝日新書 33) (朝日新書)
(2007/03/13)
岩合 光昭

商品詳細を見る


そんな岩合さんの最高のモデルが、<にゃんきっつぁん>。
(”ちゃん”というより、”つぁん”が似合う気がする)
この児童向け写真集をみると、撮影者の技術もさながら撮られるネコの才能も感じる。
そしてきっと岩合さんは、そんな才能のある猫をみつける才能もあるのだろう。
それとも写真家のネコは必然的にそうなるのか。
樹の上雪の中・・・カメラ目線で悠々としているにゃんきっつぁん。
でも最後の濡れ鼠で、きょとんとしたショットが最高。

にゃんきっちゃんにゃんきっちゃん
(2008/05/07)
岩合 日出子岩合 光昭

商品詳細を見る


ああ、うちのとろたもこれくらいサービス精神のある猫だったなら。
と、自分の腕前は棚上げ方程式なのでした。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/390-e30234ed

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。