犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふらっと外へ出かけていく猫の跡を追いたいと思うことは多々ある。
とろたは、たいてい家の近くをフラフラしているフヌケちゃんだけど、それだってどこまでが遠征範囲なのか、猫集会はあるのか、どんな道を歩いているのか。
気になることこの上ない。

かといって、本当に跡をつけたりしてもすぐに見つかって終わりでは。
そんなことを考えている時、図書館でみつけたのがこの本。

わたしのノラネコ研究わたしのノラネコ研究
(2007/09)
山根 明弘

商品詳細を見る


理学博士の山根さんが、、福岡県の相島で行ったノラネコの調査研究の過程、調査の仕方などをわかりやすく解説してくれた児童書。
体の大きくて強い(と思われる)オスの子どもが多いというのは本当なのか。
という調査をするために、島でノラネコを追いかける。
文字通り雨の日も風の日もへばりついて調査をしている様子が紹介されている。

調査に必要な固体識別カードや7つ道具なども紹介されているので、
小中学生のみなさん、今すぐノラネコ研究をすべしです。
単に猫の行動範囲を調べるのにも役立つ感じ。
この調査には地域住民の協力は不可欠など、近所の人への協力要請方法も書いてあり
これで自由研究はできるし地域社会にも溶け込める、寒い中暑い中猫番をすると忍耐力もつくし、なにより猫について詳しく知ることができる。
なんて素敵なんだ。
私が学校の先生だったら今すぐやらせるね。
ノラネコについて知りたい人、自由研究に悩むワカモノ、学校の先生必見の1冊。


とはいえ、実際は中々そこまでできないのが現実。
ということでこちら。
淡白な猫のイラストがかわいらしい。

私は猫ストーカー私は猫ストーカー
(2005/04)
浅生 ハルミン

商品詳細を見る


ほぼ猫を見ながら散歩というスタンスで、その実こちらも「ストーキングに適した装い」やら「これだけは守りたい猫ストーカー7戒」やら書いてある。

追いかけるまではしないけど、猫を目で追うことはよくある。
道で出会った猫には、ちょっと声をかけて相手が及び腰になっていたら深追いはしない。
これがわたしの心がけていること。
誰だって猫だって知らない相手にいきなりにじり寄られてはびっくりしちゃうものだもの。
ちょっとずつ近づいて、むこうからもきてもらえたらうれしい。

似たようなことしているヒトってけっこういるんだなぁと安心する1冊。

コメント

あなたも、猫ストーカーなのね(^^;

猫って不思議だよね、地震があっても猫はなんだかんだで生き残れるような気がします。

何故なら猫は野生の感覚が残っている気がするから。

ウチの近所の猫たちの集会は、幼稚園バスの送りとママたちの井戸端会議が終了した9:30にやってますよ。

3~4匹の猫で集会開いてます。
集会が終わると、塀の上を歩いて自宅に戻って行ってます。

うーん。ストーカーほどは・・・してないと思うけど(^^;
見かけると止まっちゃいます。
それにしても、ネコ集会ですか。
あまり遭遇したことはないなぁ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/368-abc830a1

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。