犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日、フロアで調べ物をしていたら
ぷらぷら~と歩いてきたおじさんが、手に持っている辞書を
ガスッガスッと棚に戻していた。

しかも、棚の隅っこに!

思いっきり突っ込むのは、どうかー・・・とも思うがここではそれにはふれないでおこう。

確かにどれも<ほぼ>正しい位置に戻っている。
大きなくくりでは正しい。
同じ内容の本があるところに戻っているから。
でも、<正しく>はない。
ここが難しいところなのだ。

たぶんなんとなく近いところに戻した方がいいだろう、という好意なのだろう。
それはよくわかる。わたしだって気持ちはわかるんだよ!
実際この話をすると、「あった場所=同じ棚」っていう気持ちはよくわかる、という意見も多いし。
でも<正しい>ところじゃないならば、
「場所のわからない本はここに置いてください」っていう棚もしくはブックトラック(スチール製のワゴンのようなもの)に置いてもらった方が助かるんですよ~。

今回のように図書館員が気づく位置にいつもいるわけではないし、日に何回も書架整理をすることもない。まして、民間委託だ指定管理だと様々な立場の人が入り混じって働いている今、司書がじっくりとフロアを見回ることは少ない。(うちだけですかね?)
本を借りに来た人が探しているけれど見つからないというので、変わりに探すと正しくないところに本が入っているということもあるし。

と、いきなりまじめな枕から入りましたが。

先日書いたものよりも、もっと壮大なイタズラ(ああ!これこそイタズラ)が我が図書館で勃発しているのだ!
今度こそは絶対捕まえられない。
あ、いつも捕まえられないのだけど。

それは自治体間を越えたイタズラなのだ。

うちの図書館の本棚に別の自治体(仮にA市としよう)本がしまわれていた。
働いている委託業者さんが見つけてくれたので、早速ネットでA市の図書館の所蔵状況を確認。
→貸出中になっていない。
ということは、A市では適正な処理をしていない。つまり、勝手に盗ってきた。
「A市さんうちにそちらの本が旅して来ましたよ。」と電話すると

なんと、あちらにはうちの地域図書館の本が行ってると!

しかもこれが、一度や二度ではないのです。

私が働いている図書館ではBDS機能(資料を持ち逃げするとピーッとなるシステム)が入っているので、そのシステムがない図書館を狙っているらしい。
おおー・・・

いやーイタズラも壮大だね。
電車とかバスとか乗り継いで行き来するのかな。
それともわざわざ車か・・・?
ここまで行くと、ちょっと感心。
でもよい子のみなさんは自分を試したりしないでくださいね。

そして、その本は<正しい>ところにしまわれていた・・・
とかだったら、そのこだわりは尊敬に値するかも。
いや、なんのためにそんなことするのかは理解できないけどさ。

コメント

自治体を超えて旅をした本は司書さん達が直接取りに行くんですか?
それとも宅配業者さんにお願いするのかな?
こんな壮大な悪戯されると本当に困りますね。
全部の図書館に違法に持ち出すとピーって
なるシステムが入ると良いのにと思います。

>もんちさん
よその地域の図書館との間では、例えば東京都の場合は、都立中央図書館を媒介して各地域に本を送ることができます。
県レベルで違う地域になると・・・宅配になるかなぁ。
職員の誰かがその近くに住んでいたりすると、届けに行くということもありますが。
どちらにしろ、困りますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/361-cee854c3

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。