犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
間が悪い人っていますね。
例えば、人の悪口を言っているとその人が後ろを通る、とか。
まあ、それは私なんですけど。

そのたびに、
ああ、こんなことじゃいけない。
人の悪いところばかり気にしていたってしょうがない。
いいところを見るようにしなくちゃ!

でも、どうしてもいいところって見つからない人も(そんなに深いおつきあいがない場合)いますよ。
そんな時、想像力をつけなくちゃいけないなぁと思ったり。
例えば、仕事中に居眠りしている人がいたら・・・

ああ、もしかしたら奥さんが具合が悪くて子どもの面倒をみていて疲れているのかもしれない。

とか。

いや、その内容がうんぬんじゃないけれど、もしかしたらそうゆうことってあるかもしれないものね。

例えば、出前のラーメンの味がいつもと少し違ったら・・・

大将が倒れて、おかみさんがひとりでがんばってるかもしれない。

とか。

ひさしぶりに安田成美が主演する映画『歓喜の歌』
いつみても爽やかでかわいい女性です。うーん、いいなぁ。

これは、その場しのぎのことなかれ主義。はっきりいってダメダメ公務員文化会館主任(小林薫)が大晦日の文化会館のスケジュールをダブルブッキングしてしまったことからはじまる物語。
「コーラスガールズ」と「レディースコーラス」名前が似ているからってミスはミス。
大晦日のコーラスといえば、<第九>。
どちらも、譲り合ってはくれません。
頭を抱えるダメ公務員。
こちらの話を聞けば味方をしたくなり、あちらからは市長の圧力。
そうこうするうちに個人的なゴタゴタも・・・
誰かのせいにしたいけど、結局自分でなんとかするしかないのです。

片方のコーラスグループは、ハイソな奥様集団で歴史も長い。
もう一方は、これが旗揚げ公演で働くママさんたちが時間をやりくりしてやっとこぎつけた大事な初舞台。
どちらの女性も身近にいる、普通の人たち。
特にドラマチックなことはないけれど、一生懸命子育てして家事して嫁姑してる。
そんな彼女たちといやいや付き合っていくうちに、主任さんの心も動いていって。

そして、少しずつみんなの心が譲り合って、思い合って、大晦日を迎えるわけです。

立川志の輔の新作落語が原作ですが、ゲラゲラ笑うというよりは泣き笑い人情モノ。

個人的なツボは
永遠の夢見るダメ亭主・光石研
前向きお母さん、でも子どもはちょっと若すぎる?・藤田弓子
本当に町の美容院にいそう!・猫背椿
久しぶりにみてびっくりしました・筒井道隆

そして、片桐はいりの足きれい。

でした~。

出ている役者さん達、みな芸達者なので褒めるしかないですよ。

エンディングに流れる「あの鐘を鳴らすのはあなた」は、あんないい歌詞だったのですね。
いかに適当に耳で聞いていたか、じっくり聞くといい歌詞ってたくさんありますね。

しかし、あーっという間にシネコンの上映回数が減っていて、びっくりです。
これも、シネコン的にはしょうがないことなのかな。
あ、いろんな映画を見せてくれるために、観客のためにやりくりしてくれているってことなのね。
とか。

コメント

シネコンは平日の夕方以降がゆっくりみれるなぁと個人的には思います。
私が行くところだけの話かもしれませんが。
週末だと家族づれ、子供たちがキャーキャー言っていて落ち着かないのです。
「あの鐘をならすのはあなた」がエンディングとは意外な気がしました。
和田あっ子が歌っているやつなのかなぁ?

いいえ。
クレイジーケンバンドが歌っているのです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/350-de2a954f

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。