犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その昔、小学生の頃、不幸の手紙というのが流行ったことがありまして。
「~この話を5人の人に回さないと不幸になる」とかいう類のものですね。
記憶が正しければ、それにより食事も喉を通らなくなり痩せました。あは。
まだまだおじょーちゃんだったので、まじめに受け取っちゃったのですね。
回さないと不幸になる、でも誰かを不幸にするのもダメ。
と思ったら、フリーズしたわけです。
そんな時、「全然信じてないから、回していいよ。」といってくれる友達がいて。
ああ!あたしって偽善者!!
彼女はどうしてるだろう。
幸せだといいけれど。

なんでそんな話をしたかというと、
母のメールに「神の手」なるチェーンメールが回ってきたからなのでした。
それは、ふたつの手が何かをかかえこむような形をした雲の画像とともに
「沖縄で何年かに1回あらわれる『神の手』という雲だそうです。
幸せになってほしい人7人に送ると願いが叶うらしいです。」
という文章がついていて。

あまりにも不自然な雲なんですけど。
ありえないでしょーこのきっちりな感じは。

幸せになるというのなら、悪いことではないけれど、それだって携帯会社の陰謀?(メールをたくさんさせたいとか・・・)なんて穿った見方をしてしまう。
なんてひねくれた子に育ってしまったんだろう!

さっそくネットで調べてみると、かなり以前から話題になっているものらしい。
自分の周りにはいなかったのかな。

あるブログでは<「神の手」はどこから来たのか>というテーマで調べた記事が載っていてとっても面白い。
すごい調査です。よくここまで調べたなぁ!
結果、まあ、海外のたちの悪いジョークを日本では別解釈でチェーンメール化したということ。

いやー、神の手・・・
神様、その手で何をしているんだと思います?

これを最初にチェーンメールとして発信した人は、どんな人なんでしょう。
確かに、不幸になるわけではないので、痩せるほど悩むことはないでしょうが
でも誰かを本当に幸せになってもらいたいと思って送った人も、いないとは言い切れない。
現にとても悩んでいて、そのメールをもらって少し気持ちが晴れたという人もいたのです。
送ってくれるってことは、自分を気にかけてくれる人がいるということ。
チェーンメールでも、なんでも、よい知らせを貰ったらうれしく思う人もいる。
だから、幸せチェーンもよい面もあるのかもしれない。

でも、やっぱり思っちゃうのですよ。
チェーンメールって人の気持ちをふんずけちゃってるんじゃないかなと。
かつて悩んだ偽善者からみると。

コメント

かくいう自分もおびえたうちの一人です。
どう処理したか覚えてませんが。
近いところで3~4年前に結婚を控えた友人から幸せメールというか【送らないと不幸になるわよ】メールがやってきました。
こんなメール送ってくんなと返信したことがあります。
幸せだろうが不幸であろうが送られたほうは
気分が悪いと、送る人には気づいて欲しいですね。
ところで母上はどうされたのかしら?

>monchiさん
母は、私に送ってきたよ。
こんなんで幸せになるならいーでしょーというメールとともに。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/344-4da9cf61

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。