犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外に置いているメダカの水がお湯でした・・・
暑いという言葉から逃れられない日々。
その最中にお盆終了。
Uターンラッシュも終わったのでしょうかね。

ところで、お盆の儀式って家によってずいぶん違いますよね。
もちろん精霊流しをするとか、その地域独特のものってあると思いますが、そうゆう地域性とはまた別にその家庭によってこれまでの歴史が混ざり混ざって変わっていくことってあるのかなぁ。

うちの場合は(というよりも母の実家の場合)13日にお墓までお迎えに行きます。
掃除して線香をつけて、そして提灯に灯をつけて連れて帰ります。

20070817001055.jpg

提灯に乗せて帰るという気持ちなので、
「みんな乗ったか?じいちゃん、ばあちゃん、チロ、クマ、マック・・・乗り遅れたら風になってやってくるんだ!」
などと、声かけを忘れないこと。
その場合実際はここに入っていない親戚も乗ってよいことになっている。

ちなみに上の写真は、torotaお気に入り<おでん提灯>
「を」みたいな字と「ん」と書かれているので、みんな勝手に<うどん><おぼん>などと読んでいるが本名は<こんばん提灯>
他にもあって、ひとつは<御用だ!提灯>ひとつは<舞妓はんが道案内しますえ~提灯>(それぞれ、そんな感じで)

趣味で購入したとしか思えない。

家には<お盆専用ご先祖様のお家>ができていて、そこの蝋燭に火を点けると、帰ってきたよということらしい。
小さな膳にのったご先祖様御飯があり、彼らが使うお箸は、麻がら(おがら)という麻の茎を小さく折って作る。
水が入った上に芋の葉を敷いてミソハギを置く。

20070817001103.jpg


<お家>の庇部分には、ホオズキが飾られる。

20070817001119.jpg


そして15日になると、ホオズキと同じあたりに「生のうどん」が数本引っ掛けられる。これはあの世へ帰るときに持っていく、お土産を背負うための紐なんだとか。
この「うどん」の本数で今年はもめていた。
3本だとか5本だとか。
以前のことを思い出そうとしてもみんな曖昧で、こうやって少しずつ変化していくんだねってことで終了。

15日の夜、送っていくのは家の近くまで。
やはり提灯を持って、しばらく行ったところで「じゃあここから先はウマに乗って帰ってね」とウマを設置。
土を集めて線香を差し、それではまたお彼岸にとお別れを。

今年のウマはこの2匹。

20070817001111.jpg

ナスオとナスコ。
ナスコに乗る人は前傾姿勢で危険なので手綱をつけられていた。
(単に麻をよってできた紐でリボンをつけて遊んでいただけと思われる)

ウマと呼んでいるけれど、どうやら正しくはウシのようですね。
ここでも、昔はキュウリでも作ったとか作らないとか意見が出て、結局そのまま終了。

ところで、↓これっていつからあるのでしょう?

20070817001128.jpg


昔は電気なんてなかったのだし、このくるくる回る不思議な灯篭のようなもの何から派生してできたものなんだろう。

日本文化いろは事典というサイトを見てみました。
http://iroha-japan.net/
<年中行事>から<盆>を選ぶ。
でも謎はなかなか解けないですね。

結局、意味もわからずに毎年見て、やっているものが多いなぁ。
一番いいのはお家で聞くことなんだろうけど、こうゆう時おばあちゃんに聞いておけばよかったなぁって思う。
戻ってきてたなら、教えてくれたらよかったのにな。

みなさんのお家ではどんな感じですか?

コメント

お盆

うちもそうですよ。提灯持って墓参り、裏木戸から上がって、提灯のロウソクから仏壇のロウソクに火を移します。うちは茄子と胡瓜で牛と馬を作ります。もんちも歳とってからきちんと聞いておけば~と思う事があります。

コメントありがとう。
やっぱり提灯もってっていうのは、土地柄なのかね。
自分のお家のしきたりをきちんと聞いておけばということありますが、主婦は嫁ぎ先も勉強せねばならんのね。がんばれ!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/326-20f55683

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。