犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月の終わりの日曜日、オーガスタキャンプ2007へ行ってきた。
オーガスタキャンプとは、山崎まさよし、スガシカオなどの事務所の歌い手さん勢ぞろいのイベントです。
確か4年前の千葉マリンスタジアムでみた時は、夕暮れの空に「夜空のムコウ」が流れていて雰囲気があったなぁ。
となると、今回の西武球場改めグッドウィルドーム。ドームってのはどうなのよ。空は見えるか?
(そのドームに助けれらることになるとは露知らず)

4年も経つと状況というのはずい分変わるものなのだな、と。
スキマスイッチがものすごいことになっていてびっくりです。こんなに人気があったとは!
なんていうか、やはり、おじさんの力では対抗できない若い生命力って感じ? 勢いにのっているとは、こうゆうことなのだね。
野球選手の登場のようにひとりずつ現れた冒頭。スキマスイッチがあらわれるとひときわ大きな拍手。
えーっと、まさよしさんより大きいのでは・・・
そして、スキマスイッチの出番になると、わわわ~っと女の子パワーが広がって(あ、アリーナ席だったのだけど)真ん中から外にぽわーってうわー、なんかかわいいのねみんなー。

スキマの大橋卓弥と新人の秦くんなる人物とがふたりでスガシカオの曲をしっとり弾き語った時も、女子うっとり・・・。

杏子ねーさんは、全力疾走ステージ駆け回り、なんちゃってフラメンコ、セクシーダンスに時代劇ミュージカルでワッショイときてぇ、力わざでお客をのせるパワーはさすが!
気がつけばドーム中の手が上がっていて手を振ってワッショイワッショイしていて、あわわ私もやらねばわっしょい。
大きなステージでは、走り回ってくれるとうれしい。
うーむ、まさよしおじさんも走らねば!

まさよしさんは、ちょいと自虐的にスキマスイッチ代表曲「全力少年」を「全力中年」として歌ってましたよ。(笑)

後半になるにしたがって、どんどん会場の空気もあがってきて、みんなが手を叩くと・・・ん?音がずれる?ドームだと反響するんですね。
みんなの盛り上がりの渦に巻き込まれ、こっちも手をあげ手をさげ手を叩き。

複数の人たちがでるイベントだと、もちろんお目当てがいて知らない人もいる。その辺りが顕著にあらわれていて、楽しさの中に歌い手側の厳しさもみえました。COILは、「みんなのトイレタイムとして・・・」などと言っていましたが。確かに、つらいな。でも、それでも前の方に見えた女の子4人組は楽しそうに踊っていたよ。
たとえ少なくても、そうやって自分の音にのってくれる人がいたらうれしいよね。というのは、気休めですか。
いまやスターになったスキマくんたちは、どんな気持ちなんだろう。
ものすごい数の人たちが自分たちをみて、受け入れてくれて叫んでくれて踊ってる。もし私が彼らだったらどんなだろう。鳥肌だな。ステージ端から端まで走っちゃうな。って思っていたら、大橋くん走ってました。

そして今回はスガシカオ10周年記念で、豪雨雷鳴とともにシカオさん登場。「前日バカボンのパパと同じ歳になりました」といわれて驚きです。期日前投票もすませる大人なのです。
どんどん雨は激しくなり、さすがに屋根つきでよかったと認めざるをえず。雨男伝説更新なのでした。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/318-f8b89a51

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。