犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハリー・ポッターの最終巻『Harry Potter and the Deathly Hallows』(「ハリー・ポッターと死の秘宝」仮題)が発売になったので、にわかに図書館でも問い合わせが始まりました。
それも、日本語版の予約をしたいと!
まだ翻訳されてないんですよ~。
みなさん熱心というか・・・

言わずと知れたこと、図書館ではリクエストをすることができます。
図書館用語的には

元々図書館にある本を予約する→予約
図書館にない本を希望する→リクエスト

となっています。
なのでもちろん発売前の本が読みたい場合は図書館に希望を出すことはできるのだけど、さすがに発売が一年以上先としかわからない本はある程度情報を得てからが望ましい。
ハリーポッターシリーズの場合、うちの図書館では静山社が日本語版の発売日時を発表したら、リクエストを受けつけることにしています。
その静山社のサイトにも今日現在、英語版の発売から翻訳が始まり・・・とあり来年のいつか発売されるということしかわからない。

いつも超のつく予約のハリーポッター。
子供から大人までみんなが大好きなハリーポッター。
しかし年々少しずつ予約者は減ってきていたのでした。
でも、最終巻だからなー、きっとまた増えることでしょう。もうしばし待たれよ。

さて、何日か前に英語版が届きました。
主要登場人物のうち2人が死ぬという、それを聞いちゃあやらずにはいられないぜ!
と、子供のように最後のページをめくってみても、

○○invite招待するyouあなたを、お茶に

まるでなっちゃいない英語力だということを忘れていた!うおう!
しかし、この人が残るというのはわかりましたね。他何人かも。
(これは読んでいないからできることだなぁ。)
洋書版はUK版アメリカ版、その他の言語によって装丁がいろいろあるのでそれはそれで楽しい。
その表紙はいかがなものか、というのもありますが売れているところをみるとお国柄ってことなのだろう。
amazonでみるUK版と図書館にきたものが違っていたので、あれっでもUK版買ったよなぁ。
<ポッターマニア>というサイトをみてみると、どうやらUK版には子ども版大人版があるということが判明。
そうですかー。手が込んでるなイギリス。

私のポッター暦は、友達が貸してくれた2冊まで読み、あとは映画を観たり観なかったりという程度。
もし熱心な読者だったら、あの脱税話には水をかけられたような気持ちになったことだろう。
実際はどうゆうことでああなってしまったのかはわからないけれど、子供に向けた本を扱っている以上もうちょっと気をつけるべきだったのではないかと残念に思いますね。

それにしても予約担当者としては喜ぶべきなのか。またしてもハリーポッターに振り回される季節が近づいてくるのでした。

ポッターマニアPottermaniaのサイトはこちら↓
http://www.pottermania.jp/

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/315-23a7de53

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。