犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20051227003815.jpg

世の中も最近はあまりクリスマスクリスマスしなくなったのね。
なんて思っていましたが、それは勘違い?
23日のティファニーはひとだかりでした。

   ☆   ☆   ☆

イブの前日に新宿を歩いていたら、街はちょっとウキウキしていました。
伊勢丹も入ってびっくり!
アクセサリーや女性の小物類の売り場にたくさんの人が。
みんなプレゼントなんでしょうか。 
そうですよね。すごいな~。

そんな姿を目にして家に帰ると
NHKではドキュメンタリー番組の再放送を放映していました。

「アジアに生きる子どもたち お母さんに会いたい~フィリピン・ムスリムの兄と妹」
フィリピンのミンダナオ島というところはムスリムの人達が暮らす島で
そこは国の中でも貧困層人たちが集まっている土地なのだそうです。
10歳のノラルディンという少年と妹は
武力闘争が絶えない島からバギオという地域に逃げてきました。
両親とたくさんの弟妹は島に残っています。

ふたりがバギオに残っている理由はただひとつ、<もう働ける年齢>だから

彼らが稼いだお金で島にいる両親とたくさんの弟妹たちを養っているのです。
その上母親の容態が悪くなり、入院費も稼がなくてはならなくなります。
お母さんに会いに行く為の自分達の船代も。

ノラルディン君は、自分は仕事が忙しくて学校をやめてしまったけれど
読み書きの苦手な妹を学校に行かせてやりたい。
その学費、彼が買い物客に袋を売って稼いだお金です。
妹は朝早く、質素なお弁当をつくって学校に行きます。
でもそこでは「テロリスト!」と呼ばれいじめにあっています。

バギオというところはキリスト教徒の多い土地らしいのです。

学校の先生がふたつの宗教の子どもたちを集めた交流会で
ムスリムの子は「何もしていないのにどうしていじめるの?なぜテロリストと呼ぶの?」といい
カトリックの子は「ミンダナオ島に親戚の人が行った時にムスリムに殴られた」といいます。

だからムスリムの子も、ひどいことをするんでしょ?と。

宗教の対立とは、憎しみの連鎖とは、このように続いていってしまうんだなぁ。
ただでさえ過酷な境遇にある子ども達に追い討ちをかけるような環境。
とても長いためいきが出てしまいました。
交流会によって少し子ども達が歩みよれたようなのが救いです。

日本も、仕事がなかったり殺伐とした事件が多くあったり
バブルの頃に比べたら貧困になって
生きにくい時代なのだろうけど
それよりも、
根本的に貧しい人たちを見ていたらとても複雑な気持ちになってしまいました。

だって景気が悪いといいながら、
日本はブランドショップ乱立で、ティファニーは人間満載だし…
いや、まあ、せっかくのクリスマスなんだし
誰かに贈り物をするのはいいことですよね。
(ティファニーをプレゼントされたことのない人間のひがみかな?)

あの兄妹をみていたらなんだか自分が恥ずかしくなりました。
それが、一時の恥ずかしさだけで終わらないといいなぁと、
その方がよっぽど恥ずかしいなぁ。

家族に会ったノラルディンくんはそこではじめて涙を見せました。
仕事中に殴られたときも決して泣かなかった彼が。
ずっと一緒にいたい、島で暮らしたい、という兄妹ですが
やはりお金の都合がつかずバギオに戻ることに。
「行きなさい」とは強く言えない両親のために
自分から泣きじゃくる妹に「行こう!」という彼は立派な大人でした。
まだ10歳なのに。

最後にノラルディンくんが
「将来の夢は大統領になること。そしてムスリムもクリスチャンもみんなが仲良く暮らせるようにしたい。」
といったのがとても印象的でした。

本当にそんな日が来るといいよね。

番組の終わりに
この放送のあとにたくさんの寄付が寄せられ
現在兄妹は家族とともにミンダナオ島で暮らしています
と書かれていました。

よかった。

でも、きっとそれは本当の解決ではなく
つまり
その家族以外にもたくさんの<彼ら>がいるわけで
道のりはなかなか険しいとひとり眉間にしわをよせたのでした。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/28-197c30aa

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。