犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
16日から27日まで南仏の避暑地カンヌで60回目のカンヌ国際映画祭が開かれます。
バカンスに訪れるセレブさんたちも、この時期は行くのが難しいのではないでしょうか。
映画関係者一色になっていそう。
映画祭と映画買い付けの両方が行われるのでたくさんの人が行くのです。
そんなすごいところで柳楽くんは一等賞をとったんだなぁ。(第57回最優秀男優賞しかも史上最年少)

アカデミー賞に比べると、大御所というか、あまり映画に親しみがない人はわからないような映画ばかり。
というのも、未公開作品に対しての映画祭だからなのです。映画界の重鎮やら気鋭の監督やらの中から選ばれた9人の審査員が、今年のこれから注目されるであろう作品を探し出す。
そして、今年のパルムドッグも気になる。パルムドール(最優秀賞にあたる作品賞)をもじってパルムドッグ賞。最優秀犬賞です。

日本からの注目はパルムドールを争うコンペティション部門に河瀬直美監督『殯(もがり)の森』が選ばれたこと。地元奈良を大切に思い、奈良に住む普通の人々も参加して作られる監督の作品。どう評価されるのでしょうか。
そしてダウンタウンの松本人志初監督作品『大日本人』が、監督週間に出品すること!
まったく内容がわからない謎の映画『大日本人』いったいどんななんだ?
この間NHKの<@ヒューマン>を見ていたらタイムリーにカンヌの話題でした。それによると松本さんの映画を招待することに決めたカンヌ関係者には、好印象(・・・?)らしい。4回観たとか言っていた。なにやら"ゴム製の衣装を着たヒーローが家族と怪獣を倒す""たくさん怪獣が出てくる"映画なんだとか。
大丈夫なんだろか。
フランス人はアニメ好きだしなんとかなるかも。
行くからにはカメラドール(新人監督賞)とってもらいたいな~。
佐藤江梨子主演の映画も出品するとかで、なんだか芸人もグラビアアイドルもすごいです。

カンヌが近く感じるね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/264-4545ddf6

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。