犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヘたれ男をやらせたら世界一のヒュー・グラントとドリュー・バリモアが初競演のロマンチックコメディ。
80年代の人気アイドルそして現在は落ちぶれたあの人は今的ポップスターのアレックス。
彼に起死回生のチャンスがきた。
それはいまをときめく歌姫コーラに楽曲を提供すること。
さて曲は作れるが詩はまったく。そんなところへ現れた植木係(スターはお部屋の植物の管理も人に頼んでいるのだ)ソフィに詩のセンスをみつけ、さあふたりでラブソングを作っていくうちに・・・

ストーリーに意外性は特にない。というかロマンチックコメディっていうものに意外性をもとめてはいけない。人物設定を聞いただけでなんとなく展開は読めるはず。
でも不思議と観たことを後悔するような映画ではないのです。軽くて楽しい裏側に、過去の安定に縋ってはいけない。乗り越えて挑戦して生きなくちゃというとても前向きなメッセージがあるから、だからこんな設定ありえないでしょ、よくある感じの映画でしょと切り捨ててはもったいない気がしますね。
ドリュー・バリモアもかわいらしかった。
なんか暇だなーとか、最近笑えることないなーって人は観ると一瞬浮上します。

歌と楽器と踊りに猛練習をしたというヒュー・グラント。
歌声はけっこうよくてびっくり。この間J-WAVEで流れていて、違う人が歌ってるのかなと思っていたら本人でした。いろいろ加工できるから歌はいいんだよ、ということでご本人が苦労したのはダンスのようでしたが。
へんてこな腰振りも彼がやるとエッチくさくないのはなんなんでしょう。苦労の成果、はじめと終わりに流れる"POP"時代のミュージッククリップは笑えます。
ヒュー・グラント若い!髪型といい体形といい踊りといい歌といい、80年代の人になりきりです。
恥ずかしいやら笑えるやら。
あの映像だけで元は取った。今回はもうコレ観られたからいいや~。

あんまり面白くなかったという人は「フォー・ウエディング」と「ノッティングヒルの恋人」を観ましょう。イギリス的ウィットにとんだダメ男の方がいいかもしれません。

そんなヒューさん。最近暴行容疑で逮捕されたとか釈放されたとか。
しかしベイクド・ビーンズの缶を投げつけるっていうのはどうかと思うの。

ラブソングができるまで@映画生活

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/258-485a832d

ラブソングができるまで(07・米)

最近は、「ヒュー様」と言うとヒュー・グラントじゃなくて、ヒュー・ジャックマンなんだろうか?1980年代に人気を博したグループ「POP」のボーカル、アレックス(ヒュー・グラント)。今はグループも解散し、昔の曲を歌い「巡業」で稼ぐ日々。そこへ、新しい仕事が転がり

ラブソングができるまで

「ラブソングができるまで」です。 80年代に爆発的な人気を博した5人組、“PoP”のメンバーアレックスは、今じゃあ過去

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。