犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女に生まれてきたならば観なけりゃなるまい『女はみんな生きている』
この映画の監督コリーヌ・セローの新作とあっては、『サン・ジャックへの道』これも観ないわけにはいかないでしょう。

不平不満の会社社長の長男ピエール、頑固で無愛想な女教師の長女クララ、アル中で家族からも見放された弟クロード。顔を合わせればいがみ合いの仲の悪い3人が遺産を相続するための条件として出されたのが、フランスのル・ピュイからスペインの聖地サンティアゴ(サン・ジャック)までの巡礼の道1500㌔を歩くこと。
ガイドのギイを含め軽い気持ちで参加した学生のエルザとカミーユ。そのカミーユが好きで参加したアラブ系の男子サイッドとだまされてついてきたイトコのラムジィ、そしてミステリアスな美女マチルドの計9人で2ヶ月かけて歩くことに。

ただひたすら歩く巡礼の旅。特に信仰心はないし、普段から歩いているわけでもない。なのに歩く、歩く歩く。
移り変わる景色にこちらまで風景を楽しみながら進んでいる気にすらなる。ただ疲れて眠る。携帯は通じない。多く持ちすぎると効率が悪い。歩いているうちに初期化されて少しずつ<人間>に戻っていく感じ。
日本でもフランスでもその感じは同じなんだなぁ。
鮮明すぎないちょっと荒いような映像がとてもきれいです。映画の導入部分もこれから始まる長い巡礼の道を表しているようで、それが郵便配達の様子なのだけど、こうゆう入り方は好きなのであっさりと映画の中へ。

今回監督は、ひとつのテーマを表すのではなく、いろんな立場の人が抱える問題を少しずつつまんで映画の中に加えている。まるで、現実の社会そのものだ。
世の中にあるいろんな問題、人種、性別、教育、社会、世代格差、病気・・・をひとつの鍋に入れて、おいしく作ってテーブルに出す。
ひと口ふた口食べるうち、これはあのことあれはこのこと。
気がつくとたくさんの問題がミックスされて、おいしいなぁって食べているうちに伝わっている。
がっつりと正論ぶっても結局は煙たがられるだけなのです。
私はコリーヌ・セローになりたいです。

ラムジィは失読症で字が読めないし、お金持ちのピエールは体を心配するあまり薬ばかり飲んでいる。夫が失業中のクララは一家の大黒柱だしガイドのギイもなにやら家庭に問題がありそう。
誰もが何か抱えているものがある。
それを疲れきって眠ったあとに、夢として表しているのもおもしろい。
夢って意味不明な展開だけど、どこかに現実が入ってるんですよね。

この監督はいつも女性が元気なのだけど、今回は文句なくクララがすごい。
がっしりした体格に機嫌悪そうな顔。辛らつだけど面倒見がよかったり、兄弟げんかでは敏捷に走りよりグーでパンチ。グーですよ!その喧嘩っぷり、観て下さい。まるで山猫のようです。
けれど、ラムジィに言葉を教える姿は優しい。一見全然優しくは見えないんだけれど・・・
テーマはまじめだけれど、物語の端々にちょっとスパイスの効いたユーモアが隠れていて笑えます。
館内クスクス、ププッ、アハハって笑い声があっちからこっちから聞こえてました。
若い4人組がまた明るさを加えてて、うーんどちらかというと年上組みに近くなりつつある自分を感じてしまい・・・
無垢なラムジィはかわいい、というかかわいそうというか、女の子2人もお肌なんて輝いていて若い!ああーかわいいなぁ。

特に仲直りをするでもなく歩いてきた兄姉弟だけど、歩く前とは違う。
飲んだくれて倒れた弟を黙って兄と姉が担ぐシーンは、とてもさりげないんだけど目の奥があつくなってきてしまったよ。あらら危険。
みんなで歩くっていいかも。ただひたすら歩く、難しいことはなにもないですよね。同じことをみんなでする。みんなで行動する。そうすると自然と認め合えるのかもしれない。
へとへとに疲れてよけいなものがそぎ落とされると、自分以外の人の痛みにも気がつくのかもしれない。
歩いて仲良くなれるなら歩きたいよと思う人、たくさんいるでしょう。
ただその状況に放り込まれないと、自分からっていうのは難しいかもなぁ。

コメント

『女はみんな生きている』すごい好きだったな~
何度観たかなぁ?ってくらいたくさん観た。この映画もすごく気になるので今度観にいってみますっ!

お、久しぶり~な感じですね。
もうすぐ終わってしまうので早めにね!
コメントありがと。

ほえ~、カミノ・デ・サンティアゴ(サンティアゴ巡礼の道)を歩くのかぁ。
自分がやる気はさらさら無いけど、はまる人ははまるみたいね。浄化されるみたいな感じなんだろうか。

スペインだもんね!
道の通っている場所にちょっとは行ったこと
あるの?
あれだけ歩いたら浄化される、かもしれないね。
すごくのんびりできて、浮世離れしそうな気はする。実は歩いてみたいかも。
しかし日本人はお遍路すればいいんだね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/256-bb5db80c

サン・ジャックへの道:映画

今回紹介する作品は、コリーヌ・セロー監督作品の『サン・ジャックへの道』です。 サン・ジャックへの道:ストーリー 亡き母親の遺産を相続するため、1500kmもの巡礼路を一緒に歩くことになった険悪な3兄弟。ほかにも失読症を直して大好きな母親に喜んでもらいたい少年...

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。