犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふと<フィッシュ哲学>で検索してみたら、
リチャードの<フィッシュ哲学>ではなくて、本当のビジネス理論として<フィッシュ哲学>なるものが存在していた!

シアトルにあるパイクプレイス魚市場の成功から名前がついた哲学らしい。
偶然なのかな?前向きに楽しくやりましょうってあたりが、同じなんだけど。もしかしたら、リチャードはそこからとったんだろうか。
私は読むことはないと思いますが、職場研修のモデルなどになっているようです。

こちらはフィクション↓
フィッシュ!
スティーヴン・C.ランディン著 / ハリー・ポール著 / ジョン・クリステンセン著 / 相原 真理子訳
早川書房 (2000.12)
ISBN : 4152083263
¥1,260


こちらはその社長が書いた本↓
魚が飛んで成功がやってきた
ジョン・ヨコヤマ著 / ジョセフ・ミケーリ著 / 青山 陽子訳
祥伝社 (2004.12)
ISBN : 4396650310
¥1,470

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/244-eb590c66

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。