犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20051211224930.jpg

       



  イカの影



現代アートってよくわからない、というのが本音ですが
想像していたよりずっと楽しかったです。

入り口でチケットを買う時にはじめて入場料を知ったのですが
1800円という値段が高かったのか安かったのか…
映画と同じと考えれば、いろいろな作品を見られたという点でお得なのかもしれませんけれど。

しかし、ほとんど知識を入れずにいったので
まず、直接見てみたいと思っていたのは<イカ>でした。

…わかりませんよね。
あの、チケット売り場から会場に続く道の上にはりめぐらされている紅白の小旗です。
少し前に横浜に行ったときに相棒が
「なぁに?あれっイカが干してある~!」
とうれしそうに言っていたので…
はためいているその姿が確かにイカっぽい。
それ以来、あの旗の名前はイカになりました。

昨日は、真っ青な空と白と赤の旗とできれいなトリコロールでした。
もしかして、それをねらっての配色だったのかな。
風の強弱によって、パタパタいう音も速かったりゆっくりだったり
なんだかそれだけで楽しかった。


会場と会場の間のナカニワにある<公衆電話>。
鳴っている受話器を取ると“おかあさん”から。
「急な残業で遅くなりそうだから、好きなものを食べて待っててね。
 帰ったらかならずご飯作るから、ごめんね。じゃあ、あとでね。」ガチャッ、プープー。
ちょっと郷愁をそそりました。

     ◆  ◆  ◆

電話BOXから空を見上げると<動物たちの綱渡り>。
前門のゾウの大群、後門の草食動物の山、
まんなかでひとりシマウマが
あ~、どうしたらいいの~。
ポツンとした姿がとてもかわいい。

     ◆  ◆  ◆

<天使探知機>も(しかし、最初から黙ってるってのは“天使が通る”と言わないのでは…とひねくれてみたり)
<光るぶらんこ>も、<奈良美智>も<米田知子>も(まさか、ここで作品に会えるとは!)
そのほか、たくさんの面白いものがありました。

社会性の強いものはその裏に隠されたメッセージがあるのだろうと
考えたりもしましたが、
ほぼ何も考えずにフツーに楽しんで来てしまった。
そこに、何かがあったのかもしれないのに。
それともそれでよかったのか?

アートって難しい。

20051211225150.jpg





 中華街の“梅蘭”のやきそば。
 円盤の中からとろ~り!




*当日の詳細はatomちゃんのblogにものっています。興味がある方はTBからどうぞ!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/21-efd6d21c

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。